FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 67-5話 メ人妻メル友とメールセックス後に妻と

2014/06/20 AM0:20就寝~AM1:10

メールセックスをしたメル友既婚女性とメール交換中に「明日、主人とする」って聞いたらそりゃぁ、私としても妻としなくちゃいれなくなりますよね。

メールセックスを終えて射精をしていなかった私のペニスは大きくなったままでした。

書斎から出てテレビを見ている妻に「今からしたいんだけど」と言うと、

妻「書斎で何していたの?」と、

私はドキッとしたのですが、平静を装って「何してたって仕事だよ、ただ書斎を出る時にお前の事を考えたらホラッ」と言ってパジャマ越しの大きくなったペニスを見せました。

妻は「ったく、バカなんだから・・・」と言って笑っていました。

私「寝室に先に行ってるから」

妻はそのままテレビと居間の照明を消して付いてきました。

私は妻のパジャマの上下そしてショーツを脱がして全裸にさせました。

私も自分で全裸になって妻の上半身に乗ってキスをして「弘子、愛してるよ」と言うと、

妻「私も愛してるわ」

そしてまたキスをして舌を絡め吸い、甘噛みしながら、そしてまた吸いました。

その後、耳たぶを舐めて耳の穴に舌を固くして差し込むと妻は「いやん!」と可愛い声を上げ身体をくねらせます。

首筋にキスをしながら舌で舐めて行くと既に汗を掻いているのか少々塩味を感じました。

そんな事は構わす舌を這わせていきました。

肩を強めに噛むと妻は身体をガクンガクンと上下に揺らし感じているようでした。

妻の両方の乳房を暫く両手で揉んで親指と人差し指と中指で摘んで片方づつ舐め回し舌で遊びました。

妻「あー、あー、あぁん」と声を上げます。

そのまま、腹、脇腹、恥丘に舌を這わせるのですが花園には触れません。

妻「もう我慢できないからクリ触ってもイイ?」

私「ダメに決まってるだろ?」

妻は「あぁ・・・、いやッ、いじわるぅ・・・」

私は太腿の内側に舌を這わせて、掌と指を使ってフェザータッチをしてからクリに息を軽く吹き掛けると、

妻「あぁん、あん、あん」

私はまた少しだけ強めの息を吹き掛けると、

妻「あん、あん、あん、お願い、虐めないで・・・」

私は膣に溜まった大量の愛液を口を窄めてジュルジュルとわざと音を立てて啜ると、

妻「あぁん、ダメぇ・・・」

そして舌をクリに這わして舌を硬く尖らせて膣の中に差し込むと、妻「あぁ・・・・、イイ・・・・」と言って腰を波打たせて悶えました。

私は妻の腰を抑えてクリを集中的に15分ほどチロチロとホント触るか触らないか程度で舐めていると妻は自分の腰を付けたり離したりしながら丁度気持ち良くなる所に調節してその後、ピタッと止まったかと思ったところで暫く止めて「イッちゃう、イッちゃう、イク、あぁ、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅ・・・・・・」と脚をピンと伸ばしてアクメに達しました。

妻は「貴方、入れて!」と。

私は先ほどのメル友既婚女性とメールセックスしていて射精していなかったので絶対にイキたいと思っていたので妻の膣に挿入してから15分ほど腰を休まず振っていると、

妻「貴方、ダメッ、お願いイッって!」と言った瞬間に、

妻「イク、イク、あぁ、ダメ、私が、先に、イッちゃう、イク、イク、イグぅぅぅ・・・・・」と言ってアクメに達しました。

私も「弘子(メル友既婚女性の名を心の中で叫んで)イクよ、イク、イク、あ、イク、イクぅぅぅ・・・・」と言いながら、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッと5回に分けて妻の中に射精しました。

暫くは妻の上に乗ったままでいたのですが、妻が重そうな顔をしたので、枕元のティッシュを数枚取って妻の膣に蓋をして私は妻の横に仰向けに寝ました。

妻は私のペニスをお掃除フェラしてくれてトイレに行って処理してきて、温かい濡れタオルを持ってきてペニスを大事そうに拭いてくれました。

私は妻に「ありがとう!」と言うと妻は「いいえ、どう致しまして、こちらこそいつもありがとう」と言いました。

私は流石に疲れたのでそのまま朝まで爆睡しました。

朝方、いつもの5時に起きたのですが、二度寝してしまい7時過ぎに起きました。

(END)

励みになりますのでクリックお願いします




にほんブログ村 大人の生活ブログへ


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ  
スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。