FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の昼の営み日記 2話 10年振りの昼の交わり2

2014/08/06 21:30 就寝

「あのクーラー買い替え事件のメル友既婚女性と早朝のメールセックス」をして久々に彼女が2度目にアクメを感じイッた時と同じくして私も久々にオナニーで射精したのです。

メールセックスをして私が射精をする事は滅多にないのですが、あのクーラー買い替え事件の既婚女性の可愛さと従順さそして控え目さが堪らなくてついつい気持ち良く射精してしまいました。

私の精液は多い方なので本来はタオルを使わないといけないのですが、家内としていないのに洗濯してもらうのは悪かったので彼女とのメールセックスの前にトイレからトイレットペーパーを大量に巻き取って書斎に置いておきました。

スタートした時間は6時半頃からだったので、妻は未だ寝ていて夢の中でしたので誰にも邪魔をされないで出来た事から射精したのでした。

射精した事を後で彼女に報告するととても喜んでくれました。

実はこの日はあまり眠れなかったので彼女とメールセックスが終わってから寝室に行って少し眠りました。

起きるとまだ8時前で妻は暑かったのか、タオルケットを肌蹴ていたので凄い格好をして寝ていました。

何だかムラムラしだして、妻の胸を触っていたら、妻は目を覚まして「何してるの?」と。

その言葉がまた、可愛くなってTシャツを捲くって乳首に吸い付いたら妻もその気になってきて「ハァ、ハァ、ハァ」と息を荒げたので、私は乳輪の際を舌で舐め乳首を吸い甘噛みすると妻は「あん、あん、あん」と喘ぎました。

その後、妻のパジャマの短パンとパンティーを脱がして膣口を触ると既に大洪水状態でした。

私「どうしたんだろうね、愛液が溢れているよ」

妻「最近の私、変なの、若い頃に逆戻りしたみたいで濡れるし感じるの」と。

10分ほど手マンをしていると、私の腕を掴んでいた妻の手に急に力が入ったと思った瞬間に「イキそう、イク、イク、あぁ、イク、イクイクイクイクイク、イグぅぅぅううう・・・・・・」とアクメに達し果てました。

その後の妻は「貴方、入れてぇ!」と。

私は妻の脚をM字に開かせて上に乗りペニスを挿し込んで10分ほど腰を振りました。

妻「貴方、イキそう、奥に当たるの、イイ・・・、イイ・・・、イク、イク、あああ、イク、イグぅぅぅううう・・・・・・」とアクメに達し果てました。

私も流石に疲れたので妻の横に仰向けに寝ると、妻は暫く仰向けになったままでした。

私はそのまま30分ほど眠りに付きました。

(END)


いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。