FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 81-2話 二日前から美しくなった妻としたかったので

2014/08/12 22:15開始~23:35終了

(以下は昨日のブログの続きです)

妻は私のパジャマのズボンとトランクスを下ろしてペニスをガッシリと掴み、亀頭をその口に含み、喉の奥まで咥えようとして涙目になっているのです。

私「無理しなくてイイよ、いつも通りで十分に気持ちイイんだから」と言うと。

妻「この間、ネットでAVを見ていたら女優さんがやっていたから、ディープスロートって言うんでしょ?」

私「そんなのはAV女優たちがやれば良い事で素人はやらなくたってイイよ、自分の妻が苦しい顔をしているのなんか誰が見たいと思うの?大体俺のを出来る人なんかまず居ないって」

妻「だっていつも私ばかり気持ち良くしてもらっているだけだから悪いと思って」

私「そんな事、全然気にしなくて良いから、お前がアクメ声を上げてくれるのが嬉しいんだから」

そう私が言うと妻はいつも通りのフェラをして上に上がってきました。

私「ありがとう、気持ち良かったよ」

妻「いつも通りしか出来なくてごめんなさい」

私「気にしないでイイからね、じゃ、今度はお返しに俺が」と言って妻の股の間に身体を入れて、再度乳房を揉んでその後硬くなった乳首を親指と人差し指と中指で摘んでコリコリして舌で転がしました。

妻「あぁん、ふあん、あん、あん」

先日のように腹や脇腹、そして臍の周りを舌で舐め回していて「くすぐったい」と言われたら折角の雰囲気も壊れてしまうのでそのまま下におりてパジャマのズボンとパンティーを剥ぎ取って脚をM字に開かせて大陰唇の周りを舌で舐め回しました。

妻「あああああ・・・・、イイ・・・・」

私は5分ほど大陰唇の周りを舐め回していると、

妻「意地悪しないで、お願いだから・・・」と

私「意地悪なんかしていないだろう」と優しく言った後に「他の奥さんたちは旦那からクンニさえしてもらってないんだよ」と言うと、

妻「そうみたいね、同級生と話をすると皆そう言っていたわ」と。

私「だからこんなに時間を掛けてクンニをしてもらってるお前は幸せなんだよ」と言いながら肉ひだを上下に舌を這わせて舐め舐めしてあげています。

妻「あぁ・・・、ホントよね・・・」と消え入りそうな声で呻いています。

私は5分ほど肉ひだを上下の運動を中心に時折横の動きをさせてペロペロ、チロチロと堪能していると、妻は腰を動かして私の舌がクリに当たるようにするのですが私はその魂胆が分かっているだけにクリには当たらないように舌を動かしていました。

妻「んもぅ!意地悪なんだから・・・」と悲しい声で嘆きます。

私は膣口に溜まっていた愛液を舌で掬い取って舐めてその後ジュルジュルジュルと大きな音を立てて啜りました。

妻「あああああ・・・・・・、そんな大きな音を立てたら興奮しちゃう・・・・・・」

私は構わずに舌の先を硬くさせて膣の中に差し入れて動かしました。

若干酸味のある味がしたのですが、構わず5分ほど執拗に舌を動かしていました。

妻「あああああ・・・・、いいいいい・・・・、ダメえ・・・・、恥ずかしい・・・・」

愛液と唾液が混ざった汁がドンドンと溢れて出てきますので私は音を立ててジュルジュルジュルと啜ります。

妻「あああああ・・・・、いいいいい・・・・、ダメえ・・・・、いやん、恥ずかしい・・・・」と可愛い声で悶えます。


(明日のブログに続きます)

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ






スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。