FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

独立開業 5話 レセプション後バイト先の女社長に呼ばれ

開業のお披露目のレセプションは本当はしたくなかったが最初だと言う事で仕方なくする事にしたので、自分の人生の中でお世話になった方々をお呼びする事にしました。

バイト先の女社長、華道の先生親子、以前勤務していた店のオーナーご家族、渋谷の総料理長、山梨の親子、定食屋のオバサン、税理士、親戚の銀行の支店長に招待状を送る前に都合を聞くと山梨の親子意外は皆、日曜日が良いと言ったので日曜日の夕方に行い取引先のレセプションは前日の土曜日にした。 

山梨の親子は開業してから来ると言った。

二日に分けて総勢20名のレセプションだったので料理も飲み物もそんなに多く出す事もなく楽勝で会を終えた。

皆さんご祝儀は弾んでくださって、2日で80万円以上になった。

勿論、お返しの品は私の趣味の陶芸をいかして自作のマグカップを桐の箱に入れて包装した物を各自一個づつ差し上げた。

参加者の殆どが私の趣味を知らなくて皆一様に驚いていた。

皆、「自作の陶器で店をやったら」とアドバイスしてくれたが店の料理を安く出したかったので市販の10枚幾らの器で十分で料理が映えるのは何と言っても白い器だと思っていた。

バイト先の女社長が帰り際に「電話頂戴」と言って帰った。

最初にバイト先の女社長に電話を入れると「近い内にマンションに来て」と言われたので「今からではダメ?」と聞くと「早い方が良いから来て」と言われた。

一週間後から開業して1ヶ月は休み無しで働くので行く時間を取る事ができないので焦っていたのだ。

女社長のマンションに着いて玄関のインターフォンを鳴らすと「開いているから入って」と。

部屋に入ると女社長はガウン姿でワインを飲んでいた。

あの時からするとかなり歳を取ったが相変わらず艶やかで良い身体の女性だった。

私「話しって何ですか?」と尋ねると唐突に「随分よね」と言葉が返ってきた。

何の事か分からずにポカンとしていたら女社長は「あの席に居た殆どの女性が貴方の彼女でしょう?」と。

私は「えっ!違いますよ」と言ったが女社長は「私は勘が鋭いの、間違いなく全員貴方の女よ、それを全員同じ日に呼んでレセプションするなんて大胆過ぎるわよ」と。

私は何を言っても信じてもらえないと観念して「はいはい、すみませんでした」と開き直って謝った。

女社長は「直ぐにそうやって開き直れば良いと思って」と言いながらまだ怒っていた。

私は「社長ばかり飲んでないで俺も」と言ってキッチンに行きワイングラスを持ってきてワインを自分で注いで一気に飲み干し黙って社長を抱き寄せキスをした。

彼女は「抱かれたくて呼んだんじゃないのよ!」と強い口調では言うものの身体は私を求めていた。

抱っこして寝室のベッドまで運んでベッドの上に投げた。

彼女は「乱暴しないで、優しくして」と言って抱き付きキスをした。

私は「欲しかったの?」と聞くと

女社長は「そんな事ないわ」と言ったので

私「じゃぁ、忙しいから帰る」と言うと

女社長「お願い、抱いて、そして今日は泊まってって」と弱々しい声で言った。

5年前に私と別れてから一度も男性とセックスをしていないと言った。

私といえばあれから数々の熟女と共にしてきたけど女社長には口が裂けても言えなかった。

今日、レセプションに行って様々な私の彼女と会って悔しく思ったと言った。

別れてから一回も他の男としていないのに私はこんなに多くの女性とセックスしていたのかと思ったら居ても立っても居られなくなって電話してしてもまったと言った。

ま、女社長も大人なのでレセプションで会った女性たちと今後店で会ったとしても余計な事は言わないと思ったので私はあえて釘を刺さなかった。

女社長にキスをして舌を絡めた。

ガウンの裾を開いてパンティの上から触ると既に湿っていた。

「あぁ・・・、あん」と声が漏れた。

ガウンの紐を取って全体を開くとノーブラで大きな乳房が目の前にボロンと現れた。

私は両手で乳房を揉んで大きな乳輪を舌でなぞった。

「あぁ・・・、あん、あん」

更に指で乳首を揉みながら引っ張った。

「あん、あん、あん」

つづく

いつもご協力ありがとうございます







にほんブログ村 大人の生活ブログへ




にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ






スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。