FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書室の司書先生 11話 手料理


冷蔵庫から新たな缶ビールも取り出しグラスに入れて乾杯。

彼女は喉が乾いていたのか一気に飲み干した。

私はそんな姿を見て「珠江は大人の女性なんだ」と思った。

料理は秋田の郷土料理ばかりで

「きりたんぽ鍋」

「ハタハタの塩焼き」

「ぜんまいの煮物」

「ひろっこの酢味噌和え」

「お新香」だった。

どれもとても美味しかったが、酒の味が分かった20~30年後に出会えば最高に感動したと思った。

この頃の私は酒の味も良く分からない子供の味覚しか持ち合わせていないガキだったからこれらの本当の味は理解できていなかったと思う。

ただ、こんなの料理を作れる珠江は良い嫁さんになると思った。

彼女に「次回からはこんなに気合を入れなくてイイから」と言った。

食後も焼酎の水割りを飲んで彼女は酒が強いのかバンバンお代わりをしたけど顔の色は変わらなかった。

私は最初のビールから金時の火事見舞いで一人で酒を飲んでいるような赤い顔になって恥ずかしかった。

彼女「やっぱり君は少年だね」と、からかった。

私「ハイハイハイ、俺は少年ですよ。この少年に抱かれてヒーヒー言って女になったのはそこの小母さんだけどね」と。

彼女「うん、もう・・・」と脹れた。

私は余りの飲み過ぎるとゲロを吐くので調子に乗らないようにしていた。

11時過ぎまで飲んで彼女の故郷の思い出やら今後の目標などを聞いた。

その後は寝室でお決まりのエッチだ。

彼女はかなり焼酎を飲んでいたので酔って払っていた。

以前から試してみたいと思っていたアヌス攻めにトライした。

感染症が怖いので持ってきたコンドームを予めペニスに装着し、

最初は普通にキスをして

耳全体、

耳の後ろ、

首筋から様々な箇所に舌を這わせ愛撫して花芯まで舐め回した。

彼女には膣でのセックスと思わせてバックの体勢にさせて、

彼女の尻の穴を舐めた。

「そこは恥ずかしいからダメぇ」と。

膣から流れ出るラブジュースを大量に掬い取って

ペニスに塗りたくってアヌスにカリ首まで一気に突っ込むと、

「あっ、あぁ・・・・」と悲鳴に近い声を上げて逃げようとしたがガッチリ尻を押さえてペニスの根元まで一気に入れた。

その後は少しだけ動きを止めて、「どう?」と聞くと、

「最初は少し痛かったけど今は大丈夫」と。

その後は少しづつピストン運動を繰り返した。

突く度に「あっ」と声を上げたので「痛いの?」と聞くと、

「痛くないけど気持ちイイようなでも変な感じ」と。

それからはいつも通りに腰を振った。

「あ・・・、変な感じ、でも気持ちイイかも・・・・」

絞まり具合は膣の数倍気持ちイイ。

それからペニスの出し入れを早くして

「珠江、俺イクよ、イクッ、イクぅ・・・」と言って果てた。

コンドームを取って彼女に舐めさせ掃除をさせ仰向けになり横たわった。

彼女「週刊誌では読んだ事あったけど、自分がされるとは思ってもいなかった」

私「またやってもイイ?」

彼女「恥ずかしいけど、うんいいよ」と言った。

今度はペニスを生の状態で、彼女をバックの体勢にして、膣の中に一気にカリ首まで入れた。

彼女はアヌスに入れられると思ったのか、一瞬腰を引いた。

膣だと分かると自分から腰を動かし突く度に「あん、あん」と悶えた。

背中越しから手を回して乳房を弄り、腰を思いっ切り振り、クリを触ってかき回すと

「イッちゃう、イッちゃう、イクッ、イクぅ・・・」と直ぐに絶頂に。

学校では清楚でおとなしく白衣の似合う先生が私の前では尻を高く突き上げて悶え淫らな言葉を言いながら昇天する姿は全く想像できない。

女は怖いなと思った。

明日もバイトなのでこの辺にして眠った。

朝起きると彼女は既に起き出し朝食の準備をし終わっていた。

「歯ブラシとタオル用意しておいたから」と言った。

「ありがとう」と言って洗顔した。

朝食がテーブルに並べられた。

昨夜同様に和食だった。

「頂きます!」と言って直ぐに食べたら「幼児みたい」と言って笑われた。

昔からそして今でも子供の様に起きて直ぐに食べる事ができるのが私の特技の一つだ。

食べ終わってうがいをして彼女にキスをしてバイトに出勤した。

つづく

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。