FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

独立開業 12-6話 舞(銀行員・25才)

その後、ティッシュを取って私のペニスを拭こうとしたので「舐めて掃除して」と言うと、少し躊躇した後に「はい」と言って素直に舌で掃除した。

それが終わると彼女は私の隣に寝て胸に手を置いて「社長がこんなにセックスが強いとは思わなかったです」と。

更に続けて「私、セックスには自信があったから、若いからセックスの経験が少ないと思って社長をイカソウと思って頑張ったんだけど、社長の方がテクニックが上で途中で諦めて逆に何度もイカされちゃった、ダメね自信過剰は」

私「セックスに自信があるなんて凄いね」

舞「恥ずかしいけど」

私「俺はセックスには全く自信はないけどやる気になれば一日に最低で5回はイケルよ、やってみる?」

舞「もうダメ」と言ったので私はクリを指で擦って彼女の右手をクリの上に置き左手を乳房の上に置いて「自分で」と言って彼女を仰向けにさせたまま脚をM字に開かせてコンドームを付けたペニスを膣に入れて腰を振った。

舞「もうダメだって言ったじゃない・・・・」と言いながらも右手の指は激しく動き左手は乳房を揉みながら乳首を弄っていた。

私は10分ほど休まず腰を先ほど以上に強く激しく突きながら腰を回したりしていると彼女は「また、イキそう、イッちゃう、イク、あぁ、あ、ぅんグぅぅぅ・・・・・・、イグぅぅぅ・・・・・」と脚をピンと伸ばしてイッた。

私は先ほどより更に強く腰を振って「舞、俺もイッてイイ?」と聞くと、「イッてぇ!」と言ったので「イク、イクッ、あぁ、あ、イクーーー!」と言って果てた。

少ししてペニスを抜くと彼女は直ぐにコンドームを取り去って口を結びペニスを口に銜え舌で掃除してくれた。

その後、仰向けになって寝て「飯でも食べに行く?」と聞くと「行きたい」と言ったので渋谷の総料理長の店に予約して行った。

店に入って席に案内されると「ここが修行した店だよ」と言って厨房に挨拶に行くと「良く来たな」と総料理長そして近寄ってきて小声で「この前韓国に行ってきたよ、彼女に電話したんだけどフラレちゃった、また(小指を出して)紹介してくれよ」と。

私は先日、うちの店に人を回して頂いたお礼を言った後に小声で「今度行く前に連絡下さい」と言うと、総料理長は「また面倒掛けちゃうけど今度はちゃんとするから」と。

その言葉を聞いて席に戻った。

彼女に好きな料理を頼ませて同じ物を注文した。

食事中に彼女は「社長、また会ってくれますか?」と訊いてきたので、

私「うん、喜んで、これからも銀行の話しを聞かせてくれるかな?」と言うと、

彼女は「はい、社長の会社の事は必ず全部話しますから」と。

食べて彼女を自宅まで送ってから帰宅した。

つづく



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。