FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

独立開業 15-4話 美緒(取引先・33才)

(エッチな描写はありませんので読み飛ばして下さい)

当日、私はポンコツ軽ワゴンで迎えに行った。

お嬢様の事だから高級車で迎えにくると期待していると思ったので最初に見た時の顔を見て判断しようと思っていた。

案の定、「えぇ・・?!」と言う顔をして見たので「何か?」と言うと「この車で?」と言われたのでまた私は「えっ?」と。

彼女は「これでドライブデートするの?」と。

私「いけないですか?」と。

彼女「パパの車で行きましょうよ」と言ったので、

私「今回は無かった事にしましょう」と言って車に乗り込むと彼女は慌てて助手席に乗り込んだ。

彼女「今日はパパに言って出てきたのにここでサヨナラされたらパパに何て言い訳したらイイのか分からないじゃない」と。

私「そんなの知ったことじゃない」と言って怒って見せた。

彼女「ごめんなさい」と。

私「じゃぁ、行きましょうか」と言って友人の父親の車を事前に借りていたので駐車場まで行って車を乗り換えた。

彼女「貴方って意地悪ね」と。

私「お嬢様だからどんな顔をするのか楽しみだった」と。

彼女「私って最悪じゃない?」

私「そう、確かに最悪だね」と。

彼女「もう名誉挽回は難しいわね」

私「たぶん」

彼女「あぁ・・・、どうしたらイイの」

私「知りません、さて何処に行きましょうか?」

彼女「海が見たいわ」

私「葉山でも行きましょうか?」

彼女「良いわね、連れて行って」と。

つづく

出会い系サイトはこちらからどうぞ!

チャット系サイトはこちらからどうぞ!

チャットレディ・その他求人サイトはこちらからどうぞ!

●いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。