FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

独立開業 21-7話 パートの恵美

暫く鎮めてから恵美さんを湯船から出そうとしたら、「社長、後ろから入れて」と。

私は恵美さんを湯船の中で縁に手を付かせてバックから尻を思いっ切り掴んで差し込んで一気に子宮口まで貫いてあげたのです。

恵美さんはそんな事をされると思っていなかったのか「ヒィーッ!」と声を上げました。

その後は「の」の字を描くように腰をグラインドさせて、その後は規則正しく腰を突き上げてあげると、

「社長、イイ、イイ、イイの・・・」と息を切らしながら褒めてくれます。

私のペニスを抜く度に白く泡立った愛液がペニスと膣の接した部分に纏わり付いているのが分かり、それがまた厭らしさを増幅させていました。

段々、腰を早く振っていって、奥を突き上げていると、

恵美さんは「イイ、イイ、もう直ぐ、イキそう・・・、お願い、もっと奥を、奥を・・・」と言うので、私の脚と恵美さんの尻の肉が合わさるとパンパンと音を立てていると、

恵美さん「イッちゃう、イッちゃう、イクイクイク、イグゥゥゥ・・・・・・」と言ってしゃがんで肩で息をしていました。

私は「恵美さん、気持ち良かったのかな?」と訊くと、

「気持ち良かったです」と答えてその後も息を切らせていました。

彼女を一回湯船に沈めてこちらを向かせて彼女にキスをしてその後、私は「イッてくれてありがとう」と言うと、

彼女は未だ息を切らせながら、「私こそ気持ち良くさせてもらって有りがたいです、お陰で毎日モヤモヤしていたのが吹っ切れたような気がします」と。

女性もモヤモヤするものなのですね。

つづく





スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。