FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大森駅東口のパブ 1-2話 売上を上げ、原価率を下げ、純利益5倍増計画

カウンター嬢は、それほどガツガツ食べる訳ではないのですが、事務所にはそれぞれの女の子の営業成績を比べる表があるので、カウンター嬢も必死でお客さんから料理の注文を取るというスタイルでした。

ま、それに寄ってカウンター嬢の給料も変わってくるので、女の子たちも必死になるのは当然でした。

更にお客さんが美味しいと言えばカウンター嬢も休み時間に自分の自腹で注文したり、事前にお客様に注文して頂いてキープして、女の子が食べるのはその女の子が休憩時間を取った時に事務所でゆっくりと食すのです。

自分で食べてそれが美味しいと分かれば、またお客さんに勧めて注文が入るという好循環が繰り返されました。

この店は夕方6時から12時までの店だったので身体的には楽でした。

折角請け負ったのですから売上を上げて上げたいと思って全メニューを手作りにして、メニューは全て任されていたので変更してレシピと原価計算書を作って社長に差し上げました。

そうすれば私の後に入ったコックさんもそのレシピを見て作れば大体同じような物が作れるからです。

そして例えば揚げ物やムニエルに使うタルタルソースは市販されている出来合いのタルタルソ-スを使うのが、この手の店の常識ですが、私の場合はマヨネーズやスイートピクルス、酢漬け香草も手作りにして、玉葱、ピクルス、茹で卵、パセポン、酢漬け香草のみじん切りとマヨネーズを混ぜ合わせて添えたのです。

そうすると、お客様は揚げ物を注文した後に、そのタルタルソ-スが美味しいと仰って、そのタルタルソ-スをアテにして飲みたいと言い出すので、そのソ-スだけの注文が入るのです。

私も売り上げに協力している立場なので、そのタルタルソ-スの金額は、揚げ物1品の料金と同等より少し低い金額に設定しているのです。

そうすれば、自然と原価率が急激に下がるというもので、原価率が下がれば当然ながら経営者の取り分の純利益も増えると言うものです。

元々、このような店に来店するお客様の殆どが、男性ですし、カウンター嬢と付き合いが出来れば、あるいは究極的な事を言えば、エッチが出来ればぐらいの考えで来店する動機なので、タルタルソ-スの金額はメニューには載せて無いのですから、揚げ物の金額と同等より少し安いぐらいでも、全く気にならないのが現実なのです。

今現在でしたら、ブラックな店として、ネットで曝されるかも知れませんが、ずっと以前の話ですから時効です。

(つづく)



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。