FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大森駅東口のパブ 6-4話 千鶴28歳

当日、待ち合わせの時間に行くと既に千鶴は待っていました。

私「さて、何処に行こうか?」と。

彼女「映画見たいな」

私「渋谷で良いかな?」

彼女「新宿が良いかな」

私「じゃぁ、新宿に行こう」と言って新宿までの切符を2枚買って彼女に一枚渡した。

駅構内を歩いていると私の腕に絡めてきて「恋人同士みたい」と言った。

私は腕を解いて「社長や店のお客さんに見られたら困るでしょ?」と言うと

彼女「全然困らないでしょ、私と依田さんは独身同士なんだから」と。

私「そういう意味じゃなくてさ」と言うと

彼女「じゃぁ、どういう意味よ」とああ言えばこう言う、この減らず口には閉口した。

ヨンファとは大違いだ。

日本のバカ女と韓国のお利口な女性ではやっぱり韓国のお利口さんの方が良いな。

新宿駅に着いて映画の時間を見ると直ぐに開演時間だったので映画館に入って座った。

題名は忘れたが恋愛物だったと思う。

暫くそのまま見ていると彼女の手が私の太腿の上をなぞった。

私は「ダメだよ」と言って手を払い除けたが彼女は構わず私の太腿の上をなぞった。

両隣や前後にも客がいっぱいだったのでそれ以上は彼女に注意できなかった。

彼女はどんどんエスカレートして私の股間の竿を擦った。

みるみる内に大きくなった私の肉棒をスラックスの上から更に強く擦った。

彼女は笑いながら「堅く大きくなったじゃない」と耳元で囁いた。

私は「止めろ」と言って手を払い除けたが彼女は構わず扱いた。

韓国から帰ってきて2週間が経っていてまだ誰ともHしてなかったので溜まっていた事は確かだった。

社長の女でも相手が「私とやりたい」という態度なんだから応じてやるのが礼儀かと思っていた。

(つづく)



スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。