FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大森駅東口のパブ 7-7話 多佳子26歳 家賃のクイズ

次の土曜日に多佳子が早く出勤して「今日は家に来て泊まって?」と。

別段用事もなかったのですが、「彼と同棲しているんじゃないの?」

多佳子「え、そんな事・・・私、言った?」

私「俺の勘違いかな?」

多佳子「同棲はしていないよ」

私「なら、イイよ」と言うと、

多佳子「じゃ、大森駅で終わったら待ってるね」

私「うん、ところで多佳子の家は何処なの?」

多佳子「私の家は山王よ」

私「随分、良い所に住んでるんじゃないの?」

多佳子「親が出してくれているマンションなの」

私「凄いな、俺なんか隣の部屋で自殺したんだぜ」と言うと

多佳子「嘘、え・・・本当なの?」

私「本当だよ」

多佳子「依田さんぐらいのお給料をもらっていたらもっと良い所に住めるのに」

私「今の家賃、幾らだと思う?、勿論、風呂無しトイレ、水場共同だけど」

多佳子「3万円ぐらい?」

私「いいや」

多佳子「2万円?」

私「いいや」

多佳子「1万円?」

私「いいや」

多佳子「えっ、もっと下?」

私「うん」

多佳子「じゃぁ、8千円」

私「いいや」

多佳子「えっ、じゃぁ、7千円」

私「当たり~、おめでとうございます、多佳子様には本日限りの豪華サービス券を進呈致します。」

多佳子「嬉しい、何かな?そのサービスは?」

私「多佳子のマンションに行ったら教えるよ」と。

東京の家賃で幾ら蒲田とは言え、当時でさえも1万円以下の家賃のアパ-トなど何処を探しても無かったのです。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。