FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大森駅東口のパブ 7-11話 多佳子26歳 大人のオモチャでアクメのプレゼント

小さなソファに座って彼女を抱き寄せてキスをすると、彼女は既に興奮状態で私の首に腕を回して甘えた声を出し、「あの日に抱かれてから、あの気持ち良さが忘れられなくて」と言いながらキスに応じ、舌を絡めてきました。

私は彼女の胸を揉みながら、「さっきの豪華プレゼントは大人のオモチャを使って多佳子を善がり狂わせようと思っているんだけど、良いかな?」

多佳子「オモチャなんか使った事ないけど気持ちイイの?」

私「多分、死ぬほど気持ちイイと思うけど」

多佳子「じゃぁ、楽しみにしてるね」

私「じゃぁ、全てを私に任せてくれるかな?」

多佳子「うん、任せるから気持ち良くさせて」

兎に角、これからの一戦をするに当ってシャワーを浴びて、お互い洗い出てきました。

オモチャといっても私のカバンの中には電動マッサージ器、電動バイブ、ディルド、ローターの4つがあるけど、オモチャ初心者の多佳子には、全部一気に使うには厳しいかも?と思っていたので、最初はローター辺りから始めようと思いました。

そりゃ私もオモチャで善がり狂う多佳子を見るのは興奮するので嬉しいけど、彼氏に隠れてそんなセックスさせてもらって良いのかな?、これで私と離れられなくなったら困るかもなんて思っていました。

手加減しながら段々にしてやればアソコが壊れる事もないだろうし、私の暴れん棒を咥える事が出来たアソコだから大丈夫かと思っていました。

ただ、余りも気持ち良過ぎてイキっぱなしになって精神が壊れないか、そこが心配でした。

ま、壊れそうになった時は止めてやれば良いと思って始めたのです。

カバンからローターを出して見せた時の多佳子の目付き既にこれから気持ち良くさせてもらえるという期待感からか目をギラギラさせていました。

とりあえず、私は多佳子の洋服を脱がして全裸にさせて、床に座らせて右手首と右足首と左手首と左足首を縄で結び、首に緩く縄を回して、ベッドの衝立の端に結んだのです。

(つづく)



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。