FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 7話 妻の元同棲相手に土下座

(エッチな描写はありませんのでご興味の無い方は読み飛ばして下さい)

私はその時に結納代わりに生意気なのですが、ご両親にお渡ししようと思い持って行ったので、まずは中に新券で100万円を入れてあった結納金と依田和夫と書いた祝儀袋と利子分の同じく帯封の付いた裸の100万円をバッグから出して、そのテーブルの上に置き「これだけでは少ないとは思いますがこれで勘弁して下さい!」と大声で言って、土下座しましたら、その彼は慌てて椅子から立ち上がって、私の手を取って「いやいやいや、君にそこまでされたら、困っちゃうよ、立って下さいよ」と言って、裸の方の100万円だけ取って、祝儀袋の方は返してくれて、「めでたい日につまらない話しを聞かせて悪かったな」と言い、その後「千春、幸せになれよ!」と言われ開放してくれたのでした。

その後はご両親と姉夫婦と妹夫婦のテーブルに帰ってくると、親父さんが私に、「和夫さん、悪かったな」と一言、言いました。

私はそれだけで十分だったので、その後の気分は正直言うと滅茶苦茶悪かったのですが、努めて明るく食事をしました。

明くる日の彼女の実家から帰京する時間にお義母さんから「これ」と言って渡された紙袋がありました。

妻の部屋に戻って見てみると100万円が入っていたのです。

私はこんなのは頂けないと思って、お義母さんの所に行って話すと、「昨夜にあの人たちに絡まれて貴方がお金を渡して土下座したのを見てしまったの、だからお父さんが渡しとけと言って」。

私は「結納の代わりに私が置いていこうと思ったのですから、こんな事をされちゃうと立場が無いです」と言うと、

義母「お父さんがどうしても渡しておけって言って仕事に行ったの、だからこれを持って東京に帰って千春を幸せにしてやってね」と。

私は取り合えず頂いて、「紙袋ごと妻に仏壇の奥に入れておいて」と頼みました。

妻「私ってバカよね、こんなめでたい時に両親と貴方にこんな嫌な思いをさせたんだから」

私「過去を振り返っても仕方ないだろ、これからは前を向いて歩けば良いと思うよ、俺だって店を潰して碌な生き方してないんだからさ」と。

妻は「ごめんね~」と言いました。

その後、帰京しました。

その後、最初の内はお互いに気を使っていたのでそれなりに楽しい結婚生活でした。

前妻の料理はとても上手でした。

それは九州時代に同棲していた既婚の彼は不動産屋の社長さんで、その彼は彼女を毎日の様に美味しい飲食店に連れ歩いていて、その時に料理人から作り方を教わったと聞きました。

私は妻の田舎で会ったあの彼は堅気ではないように思っていたのですが、妻は私に最後まで言いませんでした。

そして妻は異常な程に綺麗好きで掃除洗濯は当たり前でしたし家事は完璧でした。

ただ難を言うとタバコを吸うのが嫌で、ずっと止めて欲しいと頼んでいたのですが最後の最後まで止める事はありませんでした。

お酒も強いので良く飲んでいましたが、酒の席では楽しくなり調子に乗って羽目を外す事が多かったので、良く注意していました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます




スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。