FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 10話 妻との初めての交わり

私たちはベッドの中で抱き合いキスをしました。

妻の口からウイスキーの良い香りが漂いました。

キスが終わると仁王立ちになった私の前に妻が跪き、私のトランクスを脱がしていくのです。

まだ若かりし私のペニスは腹にピッタリと付いて反り返っていました。

そんな私のペニスを妻は丁寧に扱き、口に咥えて舐め回し「これは私のモノだから誰にも渡さない、私のお口とオマンコとアヌスの専用なの」と酔っている所為かスケベな言葉がドンドン飛び出してくるのです。

暫くすると私は妻を立たせ、妻の後ろに回るとネグリジェに上から妻の胸を揉んでいきました。

ネグリジェの上からでも薄い透き通った生地の上からでは直接触っているのと同じです。

妻は「あぁぁぁ・・・、今日という日を待っていたの、抱かれたかったの」と。

時にはネグリジェの脇の下から手を入れ直接妻の豊満な乳房を揉みました。

妻も堪らなくなったのか、私の方を向くとそこへ私が口を重ね舌を絡めていくのです。

妻の下半身はと言うと、紐のようなTバックを穿いているだけでそれはそれで卑猥でした。

男を興奮させる為に術は妻は若い頃から身に付けているかのようでした。

私は妻の前にしゃがみ妻の乳首をしゃぶると妻は頭を反り返り悶えました。

「貴方、ダメ、イイ、そこをもっと、噛んで・・・」

暫くそれを続けていると、今度は妻の穿いているTバックを下げました。

最初は妻の内股を指先で触るか触らないかで優しく擦って、段々に膣口に溜まった愛液を指にまとって、肉襞を上下に擦り、その後は妻の片足をベッドの横の窓の上に上げ、少し開いた妻の股間を私の舌がクリに触りました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます






スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。