FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 17話 妻の浮気発覚

妻と副長の会話は、

副長「昨日のお前のイク瞬間は凄かったよな、『ケンジ・・・、ケンジ・・・イッちゃう・・・』って、何度も何度も同じ名前を繰り返して叫んでいたもんな」

妻「やっぱり、言ってたんだ、私、旦那との時も言っているんじゃないかと思ってお酒を飲んで深酔いした時は旦那としないようにしているんだ」

副長「俺は最初からお前とは遊びで家庭を壊す気はないって言っていたから、その名前を聞いても何とも思わなかったけど、旦那だったら嫌なんじゃないかな?」

妻「本当にそうだと思うよ、うちの旦那は私にゾッコンだから、そういう意味では可愛そうなんだけどね、昔の男が忘れられない身体になっちゃってるんだよね、ところで今日は何処のラブホに連れてってくれるの?」

副長「今日はカーセックスにしようぜ、俺も小遣いが少なくなって困ってるんだよ、千春は何処でも感じてイクから良いだろ?」

妻「うん、私は貴方と一緒なら何処でも良いわ」

副長「仕事が終わったら、いつもの所で待っててよ」

妻「うん、分かった、またあの公園の駐車場でするの?」

副長「多分ね」

それから他愛の無い話しになっていきました。

私はこの時点では未だ、妻と一緒になってから、他の女性は抱いてなかったのですが、妻が既にそうしているのでしたら、私も本領発揮させて頂こうと思ったのでした。

元々、私と妻は恋愛感情が有って結婚した訳ではなく、私の同情から火が点いた訳で・・・と自身に大いに言い訳をして自分の気持ちを紛らわしたのです。

今までのたった20数年間の間でしたが、自分の女を寝取られたのは妻が初めてでしたので少々ショックは大きかったです。

社長の奥様が「依田さんご夫婦には悪い事をしちゃったみたいね、ごめんなさいね」と謝罪されました。

私は自分が情けなかったので、「奥様が悪い訳ではなく、私の甲斐性ないだけの話しですから、奥様に謝られると、返ってお恥ずかしい限りです、今回の話しは奥様だけの胸に仕舞っておいて頂いて他言無用でお願いできないでしょうか?」

奥様「主人には報告しちゃったから、それだけはごめんなさいね、で、副長は辞めてもらうから」

私「後は奥様にお任せします、返ってご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。