FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 32話 妻の親友の友子を優しく手マン

そのまま、手でスカートを捲り上げてパンティの上から淫部を触り、クリ部分を真綿で触るかのように優しく触って、段々に彼女の悶える反応を見ながら擦りを早めていくと、友子は開いた脚をワナワナとさせて、パンティの上からでも分かるほど、生温かくそして湿り出したのでした。

私はそのままパンティーの中に手を入れて、膣口に溜まっていた愛液を指に纏って肉襞に沿って上下に擦って、その肉襞を親指と人差し指で軽く摘みながら上下にさせて、再度、ゆっくりと中指を穴の入り口愛液を掬い取ってクリまで移動させました。

愛液の付いた指先でクリの突起に触るか触らないかの微妙なタッチで周りを円を描くように、擦っていました。

「あぁぁぁん、和夫さん、感じるぅぅぅ・・・、クリを触って、お願い、焦らさないで・・・」と脚をワナワナと痙攣させて腰を前に突き出す格好でクリを触らせようと動かしました。

クリは段々に硬く尖って大きくなってきたクリを今度は攻める事にしました。

最初はまた先ほど同様に一回膣口から愛液を掬い取って優しく、触るか触らないかの感触で擦るように指先を動かしていると、友子の喘ぎ声が次第に激しくなって、

「あっ、あっ、あっ、気持ちイイ、あぁん、あん、あん、イイ、イイ、あん、あん」と息を吸い込んだ感じの声になって興奮しているのが良く分かりました。

中指と薬指の2本でクリを軽く回して擦り上げるようにすると、「あっ、あっ、あっ、イッちゃいそう・・・」と言いながら、極度の興奮からか尻を椅子の上で小刻みに跳ねさせて、その後、私に力いっぱいしがみ付いて来て、「あっ、あっ、あっ、あぁぁぁぁ、ダメッ、ダメ、イイ、イイ、イッちゃう・・・、イックゥゥゥ・・・・」と声を張り上げてアクメに達しました。

その後は脚を前にピンとさせて投げ出して、身体は時々ガクン、ガクンと痙攣させていました。

息を荒くして私にしな垂れ掛かってきた友子の身体を支えながら、私は友子を立たせてパンティ以外の全てを脱がし、友子の胸を揉み、乳首に軽くキスをし、寝室の畳の上に寝かせ、私もトランクス以外を脱ぎました。

友子の身体は妻よりもスレンダーで、背は高く、プロポーションは抜群でした。

畳の上に寝かした友子の身体がピクリと反応して吐息が漏れ、私は友子の首筋にキスをしながら、ゆっくりと中指と薬指を友子の膣の中へと侵入させ、入り口付近に指をゆっくりと這わせていたのです。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。