FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 42話 妻の親友の友子 ペ○スの甘噛みの効果に感嘆

中学高校時代はバトミントンでならしたという、鍛えられた贅肉の全く無い腹部を撫で摩り、パンティの中に手を沈めると、濃い目の淫毛が指先に絡み、愛液の雫も触りました。

相当に濡れてトロトロのようで、そのまま手を腰に回しパンティを、ゆっくりと脱がせ始めました。

膝の辺りまで下着を下げると、改めて股間に手を差し込む、既に夥しい愛液で濡れている友子です。

音を立てるようにクチュクチュと掻き回すと、片膝から下着を自ら外して脚を開き、妖しく身悶え切なげな声を上げ悶えるのです。

両膝の内側に手を掛けて、一気に脚をM字に開かせ、

まだ、未開発に近い使い込まれていないピンク色の淫列を唇で吸い上げると友子は「ダメぇ・・・」と呻き尻を逃げるようにするのを腕でガッチリ抑えて、更に舌を這わすと、

友子は苦しげで恥ずかしげな声で「イイ、気持ちイイの・・・」と。

その後も友子の一番敏感な場所を最初は触るか触らないかの程度で優しく、段々早さを増して舌をクルクルと回し、10分ほど徹底的に舐め回していると、

「あっ、あっ、あぁぁん、ダメ、気持ちイイの、イッちゃいそう・・・、イックゥゥゥ・・・・・」と脚をピンと伸ばしてアクメに達しました。

身体を反転させて、自ら勃起した暴れん棒を友子の顔に近付けると、細くて白い指で握って扱き、「和夫さんの厭らしい臭いがするの」と言って亀頭の先の鈴口に溢れ出た我慢汁を舌で掬って糸を引かせて啜り、亀頭をパクッと咥えて、カリ、カリ首、裏筋へと舌を這わせて、その後はカリ首1cm下を甘噛みを何回か繰り返して

私「友子、上手だよ、気持ちイイよ~」と。

友子は口を離して、興奮した弾んだ声で

「和夫さん、凄いのよ、甘噛みすると見る見る内に大きくなってカチンカチンになっていくの」と嬉しそうに。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。