FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 54話 胸の愛撫だけでイクひかる先生

次は「何をしてくれるの?」というような目で私を見るのです。

セオリー通り、首筋を舌を転がしながら、形の良い大きなバストには触れずに肩を一回甘噛みすると、

「あぁ~ん、あん、あん」と言って身体をよじりました。

腕や脇やバストの間をチロチロと舌で舐め回して、万歳させて脇の下を執拗に舐め回します。

「あぁん、あん、あん」とくすぐったさと感じているのと半々なのでしょう、呻き声を上げました。

彼女「どうして乳房に触ってくれないの?」と不思議そうな顔で私に訴えます。

私「ゆっくり、ゆっくり、料理してあげるから待ってて」と言うと、

奥さん「若いのに生意気なんだから」と。

私も減らず口で「こんな若い男にイカされているのは誰だよ」と。

奥さん「んもぅ・・・」

また太腿や膝を絡めてよじっています。

彼女が焦れているのが分かった時点で今度は二つの大きな乳房の麓を円を描くようにチロチロと舌先を硬くして螺旋を描くように舐め回すのです。

「あはっ、あああ・・・、感じちゃう・・・」と甘い声で呻きます。

でも、乳輪の近くまでは行きますが、まだ頂上の乳首は舐めません。

時々鼻の頭と頬で乳頭を擦ると感じるのでしょう、狂ったように呻き、身体を痙攣させます。

これでもかと焦らして焦らして、今度は鼻の頭で乳頭を虐めます。

直ぐに乳首はコリコリと硬く立ち、その乳首を鼻の頭で触りながら乳首の回りを舐め回すのです。

彼女「いやっ、いやんっ、こんなに感じるの、どうして?、お願いだから・・・、虐めないで、乳首を舐めて~」と大声で叫びました。

次は乳輪の際を舐め回してその後、いよいよ奥さんが念願していた乳首を攻めます。

舌の先で乳頭に触るか触らないかチロチロと時間掛けて舐めます。

既に膣口や淫毛は愛液の雫で濡れ濡れになって光っていました。

おくさんの脚は相変わらず、擦り合わせたりM字にしてワナワナと開いたりして、脚をピンと伸ばして力が入っているのが分かります。

それでも私は躊躇する事なく乳頭を根気良く攻め続けていると彼女の方から乳首を押し付けてくる仕草をするので、乳首をコロコロと舌で転がしてあげました。

「あはぁん、あん、こんな・・に・・感じるの、は・じ・め・て・・・」と失神直前のような息苦しい声で眉間に皺を寄せて呻きその後、「イックゥゥゥ」と切ないそして小さな声を上げ、胸の愛撫だけで、軽くイッたのでしょう。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。