FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 77話 妻との話し合い

仕事を終えて、帰宅すると妻は既に酒を飲んでいました。

部屋の中はタバコ臭くて息が詰まりそうだったので、一旦窓を開けて、空気の入れ替えをしました。

妻は朝の私の言葉である程度、話しの内容を察していたのだと思います。

空きっ腹で酒を飲んでいたみたいで、目が座っていて泥酔状態でした。

しかし、そんな事は言ってられないのでダイニングテーブルの椅子に腰掛けて話し出しました。

私「この間、お前が慕っているパチンコ屋の社長さんの奥様が店に怒鳴り込んで来てね、物凄かったんだよ」

妻「それで」

私「奥様は韓国の人なんだろうね、発音があまり良くなかったから、社長もそうみたいだよね」

妻「で?」

私「で、他のお客様や従業員に迷惑が掛かるから、店の前の公園で話しをしたんだ、そしたら奥様が、お前を裁判所に訴えると言っていたんだ、彼女はお前が社長と別れてくれれば、訴えないけど、別れなければ訴えるって言っているんだ、お前はどうする?」

妻「そんな事が有ったんだ」

私「だから、社長さんとの仲をお前はどうしたいんだよ?」

妻「証拠が無いじゃん?」

私「奥様は興信所からの写真などを見せてくれたよ」

妻「何処の?」

私「ラブホに入って行く写真や出てきた時の写真が、何日分もね」と。

妻は見る見る内に顔が青ざめていったのです。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます





スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。