FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 78話 不倫相手の社長と別れる決意をした妻

私「悪いけど、奥様が家庭裁判所に訴えた時の慰謝料は俺は出さないからね、もう良いだろう、お前が中絶した時も出したし、お前の田舎に結婚報告に行った時も前の彼に清算してやったんだからさ、多分、あれだけ証拠が揃ったら、相当の金額になると思うよ」

妻「社長(パチンコ屋の社長)と相談しても良い?」

私「お前は本当にバカなんだな?、じゃぁ、その社長と相談する前に俺との結婚を解消して、この離婚届に印鑑を押してくれないかな?、そしたら社長と相談しても良いからさ、やっぱり、お前は堅気の男ではダメなんだろうよ、田舎に帰って、前の彼とよりを戻してもらったら?もうお前の我侭には付いていけないし、我慢の限界に達しているんだよ、俺は次に住む家は決めてあるから、後はお前が考えて決めてくれよ」

妻「田舎のお父さんに『和夫君とは絶対に別れるな』って言われたから、別れないから」と、また勝手な事を言い出したので、

私は頭に来て「そんなの知るか!、それだったらもっとちゃんとした家庭の奥さんらしい生き方をしたら良かったじゃないかよ」

私は早いところ、この地から逃げ出したかったので、「じゃぁ、どうするんだよ!」と感情的になって怒鳴りました。

妻「社長(パチンコ屋の社長)と別れるから、私も連れてってよ」と。

私「ま、お前は菊池さんともあって、あの時も次は絶対にしないって言っていたけど、まただもんな、だからお前の言葉は信用できないけど、とりあえず、お前もこの地では信用を落としちゃったんだから、大人しく去るのはどうかな?」

妻「ごめんなさい、貴方には物凄い迷惑を掛けちゃったみたいだね」

私「万が一、今度不倫をする時は、私の周りの人にバレないようにやってくれないかな?」

妻「もう二度としないから大丈夫」

私は苦笑いをしただけで、その後は寝室に布団を敷いて寝ました。

妻は朝まで酒を飲んで起きていたみたいでした。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。