FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 79話 美容室のひかる先生に報告

妻の千春はあの日で仕事は解雇と言う事になりました。

そりゃそうですよね、例え私の妻であってもあれだけ会社に対して迷惑を掛け、やってはいけない事をし続けたのですから、私は自分でやっていたので、こんな言い方は不謹慎ですが、伴侶や周知にバレないようにすれば、何の問題もなかったのではないかと思っていました。

引越しの荷造りを済ませて、業者に頼み、日にちが決まりました。

ひかるの美容室に行き、今までの事を話しました。

ひかるは一気に暗い顔をしたかと思ったら、大粒の涙を流して泣き出したのです。

大人の女性が泣くのはあまり見た事がなかったので、私自身も苦しく悲しくなりました。

私はひかるを抱き締めて、「引っ越してもちゃんと来るから」と言いましたが、

ひかるは「私の勘だけど、絶対に来なくなるのは分かってるんだから、東京に住んだら回りには綺麗な女性ばかりになるんだし、その女性たちを相手にしていたら、私みたいなオバサンは必要なくなるから」と。

私「俺は若い子より熟女好きだし、ましてやひかる(この時初めて奥さんからひかると呼び捨てしました)は人妻だから大事にしたいんだよね、人妻は一番好きだし、中々出会うのは難しいから」

そして店で送別会をしてくれる話しをして、その時には妻は呼ばれない事を話すと、ひかるは「その日は家族に嘘を言ってホテルに泊まるから最後だと思って抱いて」と言ったのです。

私は愛おしくなって抱き締めキスをしました。

ひかるの口にまで大粒の涙が流れてきたので、キスの味は塩味でした。

私はひかるを抱きかかえて自宅のベッドに寝かせてキスをしました。

ひかる「お願いだから、私を捨てないで」

私「何を言ってるの?、捨てられるのは俺の方でしょ?そんな言い方は止めてよ」

ひかるは私に抱き付いてきて、私の上に身体を重ねたのです。

長い長いキスをしました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。