FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 96-3話 文恵さん(46才)と食事後に自宅マンションへ

文恵「まだ25才だったら、そんなに女性経験が無いみたいよね」と勝手に推測して話していたので、私はコクッと頭を下げただけでした。

更に文恵は続けて「そんな人を私は教えてみたかったの」と言ってまた私の首に腕を回してキスをしてきたのです。

そのキスはねっとりと舌を重ね、絡ませて舌を吸い、甘噛みしていました。

私は文恵がしたい様にされるがままでいたのです。

文恵はキスをしながら私の手首を握って、文恵の胸の上に置いたのです。

私はわざと、ぎこちないような手付きで胸を揉みました。

文恵は私の洋服の上着を脱がすと、「依田さん、〇〇〇〇〇〇〇(ブランド名)を着ているのね、お若いのに目が肥えているのかな?」

私「お客様のご紹介で、それから着るようになりました、女性物が中心なのですが、最近では男性物の出すようになったので」と。

文恵「私も着てるけど軽くて暖かくて良いわよね、今度一緒に行って買ってあげるから」

私「そんな事気にしなくて良いですよ、私に取っては高価ですが、大事に着るので長持ちして反って安く付きますものね」

文恵「本当よね、それをその歳で分かってるなんて大したものよ、もしかしてそういうのを教えてくれたお姉さまでもいらしたのかしら?」

私「いいえ、私は3人兄弟の長男ですから姉はいません」

文恵「そう言う意味じゃなくて」と言って笑い、「シャワーを浴びましょう」と言ったので、私は立ち上がって、文恵をお姫様抱っこしたら、また驚いた顔をして「凄い力持ちなのね!」と、

私は文恵を抱いたまま歩き、脱衣所まで行き下ろしました。

私「調理場の寸胴はママよりも遥かに重いのを一人で持つんですよ」と。

二人で洋服を脱いでいて私がトランクスを脱ぐと、文恵は私の威きり立ったペニスを見て息を飲んでいたのです。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。