FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 96-8話 文恵(46才)と食事後に自宅マンションへ

私は文恵をまん繰り返して、膣口の愛液を舐め、ジュパジュパと啜ると、

まん繰り返されているので苦しいのか、息苦しい声で「ああああ・・・、ダメ・・・、そんな音を立てたら感じちゃうから・・・」と。

そして私は肉襞を上下に舌を這わせてその後、尿道口を舐めてからクリの周りをクリに触らないようにして舐め回すと、

文恵「お願い、クリを舐めて?」

私「そのお願いの仕方では嫌だな」と口を離して言うと、

文恵「ママのクリトリスの中心をクンニして下さい」

私「そんな甘っちょろい言い方じゃやってあげないよ」

文恵「お願いします、わたしのオマンコを舐めて下さい」清楚なママが言うような言葉ではないように思えたのが私の興奮を誘いました。

私は文恵のクリの包皮全体を唇で包んで、その後は唇で包皮を剥いて、一番感じるクリの芯を最初は優しく、段々に早めていって10分ほど舐めていると、

文恵「ダメぇ・・・、イイ・・・、イッちゃう、イッちゃう、イクゥゥゥ・・・・」と、身体を痙攣させてアクメに達したのです。

その後、文恵は「和くん、お願い、入れて!」と。

私は文恵の上に乗って脚をM字に開かせて、膣口に亀頭の先を合わせてズズズズッーーーと一番奥まで貫いたのです。

文恵「ああああああ・・・、凄い・・・、こんな・・息が・・出来なくなる・・のは・・初めてよ・・・」

私は最初は入り口付近のGスポットを私のカリ首で刺激した小さなストロークで、その後は奥を突き上げるかのような大きなストロークで、腰を振っていると、5回ほど「っクゥゥゥ」と小さな声でアクメに達し、その後、大きなアクメが押し寄せてきたのか、

文恵「和くん、イイ、気持ち、イイの、ああ、あん、イイよ、イイ、イキそう、イッちゃう、イックゥゥゥ・・・・・」とアクメに達したのです。

文恵は暫く身体を痙攣させていました。

私は文恵の横に仰向けに寝て息を鎮めてからキッチンに行って、缶ビールとジュースを持ってきて、文恵にはビールを私はジュースを飲みました。

文恵「和くん、気持ち良かったわ、また抱いてね」と言われました。

暫くして着替えて「またママの店に行くからね」と言って、タクシーを拾って自宅に帰りました。

(END)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。