FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 99-3話 恵子さん(48才)とホテルで密会

私は先に洗い場に入って身体を洗いました。

後から入ってきた恵子の身体を私が洗ってあげて、その後湯船に一緒に浸かったのです。

浴槽から出て縁に座らせて大きな乳房を揉んで脚を広げさせて下半身に顔を埋めてクリを舐めながら中指の腹でGスポットを優しく圧を掛けては離しを繰り返し、指の腹で引っ掛けるようにして優しく刺激してから、指を膣の中で出し入れを繰り返していると「ダメッ、おかしくなっちゃうから・・・、お願い、指を抜いて・・・」と腰を捩ったのです。

私は構わず指を動かしていると身体を波打たせて痙攣させ「出ちゃう・・・・、変な感じ・・・・、あぁ・・・・・」と言ってプッューと潮を噴いてくれました。

手に付いた潮の汁を開いて見せると「恥ずかしい」と言って顔を掌で覆った姿が可愛く見えました。

シャワーで彼女の下半身と床を流して再度湯船に二人で浸かって脱衣所で身体を拭いて、また彼女をお姫様抱っこをしてベッドに運んだのです。

彼女の身体をうつ伏せにしてバスタオルを掛けて足の裏からマッサージをしだしました。

彼女は「えっ?マッサージをしてくれるの?」

私うん、大好きな恵子ママへの特別な大サービスですよ」と、少し恩着せがましく言うと

彼女は「嬉しい、ありがとう」と言い目を瞑りました。

足の裏から指そしてアキレス腱、脹脛、膝裏、太腿を手でマッサージしてその後足の裏で体重を掛けて指圧しました。

その後、尻を手で最初は優しく段々に力を込めて揉み解し背中を指圧しました。

更に片方づつの腕と手の甲、掌を足の裏で揉んで五指は指で揉んでいきます。

仰向けにして首と肩を念入りに揉んで顔の口回り、目の周りそして頭を指で指圧して椅子に座らせて肩と首を徹底的に1時間ほど揉んであげ「本当はベッドの上じゃなくて畳の上で揉むと効くんですけどね」と言うと、

恵子「家でまたやってくれると嬉しいんだけど」と言いました。

私「はい、分かりました、またお宅に伺いますね」と言い、

その後、キスをして舌を絡めると応じてきて舌を絡め吸いました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。