FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 100-1話 美容室のひかるの店へ

「へぇ、美容師さんってヘアスタイルのデザインも描くんだ?」

「当たり前じゃない」

「流石、デザインをやっているだけあって絵も上手だよね」

「そう、そう思う?」

「漫画家にも成れるんじゃないのかな?」

ひかるがデザイン画を見せてくれながら髪を切ってくれていて、その後は趣味の話になりました。

以前のひかるは私が勤めていた店の仕事の話しあかり訊いてきていたので、こういうのも新鮮でした。

私も料理やお菓子の絵は描きますが、ひかるほど上手ではありませんでした。

私は趣味のゴルフの話しをしたり、旅行の話しをしたりしていると、ひかるは終始私の話に興味津々のようだった。

自分で言うのも何ですが、私は誰とでも話を弾ませる事ができますし、そうするとその相手は簡単に私に気を許すようになるのです。

恐らくひかるは私がモテると思い込んでるのもそういう理由からだと思います。

今度はひかるの話しを聞きました。

ひかるは恋愛漫画を描いていて、漫画家を若い頃目指したと言うのです。

そんな話しは初めて聞いたので驚き、今まで描いた絵を自宅から持ってきて見せてくれたのです。

私は漫画を殆ど見ないのですが、絵としては中々な物でした。

私は「こういうのってさ、漫画関係の仕事の人に見てもらった方がいいんじゃないの?」と言うと、

ひかる「うん、でも本当に趣味でちょっと描いてるだけだからプロの領域じゃないんだと思うし、貴方との事も描いたのよ」

ひかるの答えに違和感を覚えました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。