FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 100-2話 美容室のひかるの店へ

「俺とのを見せてよ?」

「えーっ?それは無理よ!ごめんなさい!」

「何で?」

「えーっ?だって恥ずかしいし。旦那にも見せた事ないし。 兎に角、人に見せるつもりないもん」

私は面倒でしたので、それ以上は触れませんでした。

カットが終わって、ひかるは「久々に来てくれたんだから、今から飲みに行きたいな、良いでしょ?」と。

私は「良いけど店はどうするの?」

ひかる「大丈夫、貴方からの予約の電話が入った時に貴方の後は入れて無いから」

私「そうなんだ、じゃぁ、何処に行く?」

ひかる「自由が丘でどう?」

私「いいよ、じゃぁ、近所の人に見られても何だから、俺は先に自由が丘に行っているから、以前に待ち合わせした改札で待ってるから」

ひかる「そんなの嫌よ、駅で待っててよ、直ぐに支度して出るから」

私「じゃぁ、改札だと目立つからホ-ムの一番前で待ってるよ」

ひかる「うん、分かった」

私はそのまま店を出て歩いて駅に入って待ち合わせ場所で待っていました。

ひかるは店を閉めて着替えて化粧直しをして20分後に来ました。

ひかる「ごめん、待ったよね」

私「気にしないでも大丈夫だよ」

電車がホ-ムに入って着ました。

「今日は何の日?」と思うほど、先頭車両なのにかなりの混雑でした。

(つづく)
いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。