FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

前妻 千春 100-5話 美容室のひかるの店へ

私「それにしても、一気飲みは身体に悪いよ」

ひかる「そうね」

私は先ほどひかるが痴漢にイカされた事を知っていますが、ひかるは私には気付かれてないと思っているようでした。

二人で全裸になって、風呂に入り、身体を洗い、ベッドに横たわりました。

お酒にそんなに強くないひかるがビールとウイスキーを一気飲みした事で、意識が半覚醒していったのだと思います。

私はひかるの横で仰向けになって寝ていると、ひかるは先ほどの電車の中での事を思い出してか自分自身の指先で、弄り責め出したのです。

私は掛け布の中に手を入れて胸の膨らみを揉み乳首を摘み上げては押し潰しの繰り返しで刺激を送り続けていたのです。

今までひかるが自慰をする姿など見た事がなかったので、掛け布を剥がすとひかるは喉の奥で微かに、でも甲高い啼き声を響かせ続けているのです。

「アウゥゥゥゥ、アゥ、アゥンン」

私は続けてひかるの胸の敏感な乳首を責め続けていました。

ひかるの全身は快感の虜となって、小さな痙攣を繰り返していました。

恐らく先ほどの電車の中の痴漢の厭らしい指先の愛撫を思い出しているかのようで、口を真一文字に食いしばって、眉間に皺を寄せて、自身で焦らすかのように、途中でクリから指を離しては、その後また戻してを繰り返していました。

私に出来る事は敏感な乳首をいたぶり続けていくしかなく、その中でも強弱を付けて、ソロリと触ったり、強めに押し潰したりを繰り返していると、一瞬、甘い電流が背筋を駆け上っていったのだと思います。

「あっ、あっ、あぅぅぅ、あぁぁぁん」と少し高音の呻き声を上げたのです。

ひかるの身体はあの電車に乗っていた時から既に鋭敏化してしまっていたのだと思います。

私はまた卑猥にそそり勃った乳首の表面を優しく、そっと触れると、指の腹を押し返す程に硬く成り果てていたのです。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。