FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 15話 角度


2014/01/28 PM10:00開始

私は先に寝床に入って眠ろうとしていた。

歯を磨いた妻は私の寝床に入ってきて冷たい手でパジャマのズボンの上からペニスを握ってきた。

私は「冷たいよ」と言うとケラケラ笑いながら「何が?」と。

私は「手が冷たいから起きちゃったじゃない」と。

妻「だって温かいんだもん」と。

私は完全にやるつもりはなかったのだが妻の大胆な行動で少しだけやる気になった。

暫くすると妻は布団に潜って私のズボンとトランクスを脱がしてフェラをしだした。

昨年の大晦日から出来るのが分かったので、私たち夫婦が結婚したばかりの時期よりセックスの回数が多くなった。

既に1ヶ月で15回は新婚時代でもそうはなかったと思う。

妻に「お前はフェラが好きだろ?」と尋ねると「・・・・・」と恥ずかしいのかはぐらかす。

でも私は妻はフェラが大好きだと思っている。

その後、上に上がってきてキスを求めて私が下に潜って乳房を両手で揉んで乳輪から乳首へと下を這わす。

「あぁ・・・、あ、あ、あん」妻の性感帯。

乳首を吸い軽く噛む。

「あぁ・・・、あん」と腰をよじる。

眠いので大まかな愛撫で終わらせようと思って腹周りから茂みに舌を這わせて大陰唇の膨らみを舌で舐め回してその後直ぐに膣の中に舌を堅くして差し入れる。

「あぁ・・・、感じるぅ・・・」と言ってのけぞる。

クリを舐めそれを5分ほど続けると、

「イッてイイ?」と妻。

私「イッて」

「イッちゃう、イッちゃう、イク、あぁ、あ、ぅんグぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・」と大きな声を出してアクメに達してイッた。

直ぐに「入れて」と妻。

私は妻の脚を肩に担いで膣にペニスを挿し込んで思いっ切り腰を振った。

「あぁ・・・・、気持ちイイの・・・・、角度が・・・・、角度が・・・・、イイのぉ・・・・」と妻。

私「Gスポットを刺激してるんだろうね」と言うと

「分からないけど、変な気持ちになっちゃうの、あぁ・・・、感じるぅ・・・・」と妻。

5分ほど休まず腰を振ると「貴方・・・・また・・・・イキそう・・・・」と妻。

「イッちゃう、あ、あ、あ、イッちゃう、イク、あ、あ、ぅんグぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・」と脚をピンと上にVサインをしてアクメに達しイッた。

私は最初からイクつもりがなかったけど妻の切ない「あ、あ、あ」と言う声が艶かしいくて腰を突き上げて「弘子、俺もイクよ、あぁ、あ、イク、イクぅぅぅ・・・・」と大量の精液を妻の中に射精した。

妻はティッシュで自分の膣から流れ出た大量の白い液を何度もティッシュを取り替えながら拭いた後に私のペニスを銜えて舌で掃除しトイレに駆け込んだ。

帰ってきて妻は私の横に自分の枕を持ってきて私の胸に手を置いてスヤスヤと寝息を立てた。

(END)

つづく

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。