FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シカゴ出張 3 メアリーとオーナーご家族との出会い

2時間が過ぎた頃に「Can you speak Japanese? 」と言うと外人の年齢は良く分からないけどおおよそ40歳前後ぐらいの白人のご婦人が「私は日本語を話せますよ」と少し発音はおかしかったのですが言われました。

事情を説明したら快くオーナーの自宅に電話して下さり、そのご婦人はたまたまオーナーのご自宅の近くに住んでいて、ご主人が日本人だったという事でオーナーご夫妻と知り合いでご婦人の車に乗せて頂いてオーナーのお宅まで行く事が出来たのでした。

車中ではそのご婦人のご主人がで5年ほど大病をされ入院していたので、日本に居るご兄弟がお見舞いに来て帰るので空港まで送りにきたとの事で、ご主人は今も入院中との事でした。

私自身も今回、シカゴに来た経緯などを車中で話しているとフレンチのシェフと分かってシカゴに滞在中にご婦人のご自宅でフランス料理を作って差し上げる事が決まり、それを今回のお礼とさせて頂くことにしたのです。

車中でそのご婦人の住所と電話番号を頂き、訪問する日が決まったら電話するという事で約束したのでした。

当時のアメリカではフレンチシェフと言うだけで、日本とは違う尊敬の念で高待遇の扱いをして頂けたのでした。

オーナーのお宅に送って頂きメアリーにオーナーご夫妻がお礼の挨拶をして下さって、その日はオーナー宅に泊まりました。

オーナーのご家族はオーナーは日本人で奥様は髪はブロンドで瞳は青く典型的な白人で身長こそそれ程高くは無かったのですが、いわゆる美人さんでお子さんが幼児の息子と娘さんでした。

滞在中はオーナーのお宅に宿泊する事になっていました。

夕食は近所のレストランで頂き、味は総じて砂糖の甘さが強かったのが印象的でそう記憶しています。

既に店舗は借りてあり内装は以前に寿司屋さんだったそうでそのまま使うとの事で、明くる日から従業員の面接に入るとの事で、私がやるべき事は従業員さんたちに寿司の仕込みや握り方やメニュー作成をするだけのようで、それだけで3ヶ月間のアメリカを満喫できるなんて嬉しい限りでした。

明くる朝はオーナーの愛車のキャデラックに乗ってオープン予定の店舗に行きました。

その時にオーナーから言われたのはアメリカで成功した者はキャデラックに乗るとの事でした。

私は「ふ~ん、そんなものなんだ」とただ思っただけでした。

ただ、オーナーは奥様を乗せる時は助手席に回ってドアを開けてあげて、奥様が乗ったらドアを閉めて自分が乗るのを繰り返していて、スーパーなどに入店する際も奥様を先に行かせたりと奥様に物凄く気を使っていたように思いました。

後ほどにオーナーが愚痴を言っていたのを聞いた時に人種差別は未だに健在なんだなと思ったものでした。

奥様は白人でご主人は黄色人種という事で米国内ででしょうか引け目を感じているそうで、それは一生付きまとうと仰っていたのが印象的でした。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。