FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熟年夫婦の営み日記 16話 実験


2014/01/30 PM11:00開始

昨夜は疲れていたので9時半に寝床に入った。

ただ疲れ過ぎていたのか興奮して熟睡は出来ずにウトウトしていた。

11時頃に妻が静かに私の布団に入ってきて起こさないつもりで恐る恐るパジャマの上からペニスを握ってきた。

私はその手の感触で目覚めてしまった。

私「したいの?」

妻「うん」

私「だったら何故もっと早く寝なかったの?」

妻「見たいテレビがあったから」

私「時間が無いから実験しない?」

妻「どうやって?」

私「大晦日の日から毎回やる時は私がクンニをしたでしょ?、それをしないで弘子のフェラをしてから膣に入れるのを実験するの、今日は今からクンニする気力が起きないんだ」

妻「うん、やってみる価値あるわよね、それで入ったら快挙よね」

私「じゃぁ、フェラして」

妻「うん」と言って10分ほどしたと思う。

私「弘子のマ○コの中がもう十分に濡れた頃だと思うよ、入れるから上がってきて」と言って妻の脚をM字に開かせて一気にペニスを入れた。

妻「うっ・・・・」と一瞬言った。

私「痛いの?」と言いながらゆっくり腰を動かした。

妻「全然、痛くない、快挙ね、9年も濡れなくて痛かったのに、凄いね、どうしちゃったんだろう、私の身体」と独り言を言った。

私「じゃぁ、動くよ」と言って妻の脚を肩に掛けて10分ほど激しくピストン運動をした。

妻「イッちゃってイイ?」

私「うん、イイよ」

妻「イッちゃう、イク、あぁ、あ、イク、ぅんグぅぅぅ・・・・、イグぅぅぅ・・・・・・・」とアクメに達しイッた。

私は暫くそのままでいて妻が静まったのを見て「今日はもう寝よう」と言うと、

妻「私ばっかりイッちゃって悪いは、貴方もイッてぇ!」と。

私「大丈夫、今日はもう寝よう」と言って妻を腕枕してそのまま朝まで眠った。

つづく

励みになりますのでクリックお願いします

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。