FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

元住吉 12-3話 先輩の奥さんとラブホで

私はコンドームを付けて奥さんの脚をM字に開かせて正上位でペニスを膣に滑り込ませました。

奥さん「あうぅぅぅ・・・、硬い・・・、凄い・・・」と顔が快感に歪んで温かく柔らかくヒクヒクと締め付けてくれました。

私のペニスを挿入すると大抵の女性のフィット感は良いのですが、この奥さんの膣感は半端では無かったです。

大柄な身体とは思えない締め付けが一般女性とは違うのです。

アナルに入れているかのような腰を動かす度に気が狂いそうになるほどの締まりで気持ち良さでした。

(でも先輩のでは、こうは気持ち良くはないんだろうな)って思っていました。

奥さんも「依田さんとは相性が良いみたい、あああ・・・、奥に当たるの・・・、イイのよ・・・、奥に、奥に・・・」と嬉しそうな声を上げていましたから。

自宅のアパートではないので声が漏れる心配がないのか奥さんは大胆によがっていて、私のストロークに合わせて腰を動かしているのです。

よがり声は更に大きくなって「イイ・・、いやぁん・・、奥に、奥に、当たるぅーーー!」と頭を左右に振って悶えています。

波のように押し寄せる快感なのでしょう。

私のピストン運動も止まらずに腰を振っていると、

奥さん「いやぁん、イッちゃいそう・・・、イクッ、イクぅぅぅーーーー!」と大声で言って腰をガクガクさせてアクメに達しました。

暫く奥さんを休ませて居る間も私のペニスは直立不動の体勢を見た奥さんが「うちの人は直ぐにイッちゃってその後、フェラをしようが、扱こうが勃つ事はなかったけど、依田さんのは凄いわよね、大きいまんまだもの」と嬉しそうに。

静まった奥さんを四つん這いにさせて尻を高く上げさせて尻の割れ目に舌を這わすと「いやん」と可愛い声を上げました。

私はアナルの直ぐ下の膣口にピカピカと光る愛液をジュルジュルと大きな音を立てて啜ってから再度、勃起したペニスを突き立て貫きました。

奥さん「あぁん、ああああ・・・、あう、あう、あっ、あっ、あっ、イイ・・・、イイ、」と雌獣のような悲鳴を上げ、私の股間に尻を打ち付けるように動かすので快感も倍増しました。

私は奥さんのヨガリ声だけでイキそうになっていました。

奥さんは「主人とのセックスではバックはした事無かったけど気持ちイイのね」と。

(つづく)



スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。