FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

元住吉 14-2話 澄枝に呼ばれて

私「じゃ、先に布団に入って待ってるから」

歯磨きを終えた澄枝が私の布団に入ってきて「寒い・・・」。

そのまま抱いて温めました。

私は「好きだよ、澄枝」と言って唇を合わせ舌を差し入れました。

澄枝も応えて舌を絡ませ吸ってきました。

唇を離すと澄枝も「和夫さん、愛してるわ・・・、別れたくないの」と。

澄枝の耳、耳の後ろ、うなじ、首筋へと舌を這わせます。

「あん、くすぐったい」

既に私の肉棒は堅くなって澄枝の腹を突いていました。

澄枝「こんなに大きくなって」と言いながら扱いています。

私は肩に舌を這わせ手を上げて脇の下を執拗に舐めると

「あん、止めて、くすぐったい」

構わず腕、肘、二の腕、掌、手の甲に舌を這わせていく。

「あん、あぁ・・」 「あん、あぁ・・」

五指をそれぞれ丹念に舐め吸ったそして指間の根元も舐め吸いました。

「あ、あん、感じるぅ・・・・・」と言って身体を捩りました。

反対側の腕も同じように時間を掛けて愛撫しました。

両乳房を掌で包み揉みました。

「あっ、感じるぅ、あん、あん、あん」

乳輪の際を舌で舐め回し乳首を指で摘んだり引っ張ったりしました。

「あ、あ、あん、感じるぅ」

乳首を指で摘んで舌で舐め回して

「あん、あん、あん」

乳首を優しく歯を立てて甘噛みしました。

「あぁん、あっ、あぁん、感じるぅ・・・」

そのまま舌を腹まで舐め回して恥丘の淫毛の生え際を念入りに舌を這わします。

「あっ、あっ、あっ、あぁんっ、あっ、あぁん」

太腿の内側を丹念に時間を掛けて舐め回した。

「あん、あぅん、あぅん、あっ、あっ、あっ、あっ、ああああ・・・」と息遣いが荒くなり悶える声も大きくなっていきました。

大陰唇に沿ったり、円を描いて舌を這わせました。

(つづく)



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。