FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2-8話 フロント責任者の人妻美羽

その後はM字に開かせた脚の間に身体を入れて腰を使うと、直ぐに可愛い声で喘ぐ彼女でした。

「脚を俺の腰に絡めて見て」と私が言うと、彼女は自分で尻を突き上げて、脚を動かして、ギュッと絡めました。

「これでイイの?」と。

私「シッカリ結合したでしょ?」と言うと、

彼女は「奥に当たって気持ちイイの」と何てエロいんだろうと思ってしまいました。

彼女の唇を吸い、舌を絡めながら、まずはゆっくりピストン運動の開始です。

「あっ、あっ」と呻き声を上げながら体をくねらせる彼女の胸の谷間から汗がほとばしり出ていました。

冷房が効いていない所為か、熱気が凄いので、結合部から何とも言えない厭らしい匂いが立ち込めているのです。

彼女の頭や肩をガッチリ抑えて腰を打ち込み、ブチュッ、ブチュッと水気を帯びた厭らしい音が結合部分から聞こえました。

私の手汗で手が滑るのを何とか我慢しながら私の胸から出る汗が彼女の豊満なバストに飛び散るのでした。

彼女は「もうダメッ、またイッちゃう」と。

彼女がアクメに達するのを見届け、私も彼女の膣の中に射精したのです。

これでもかというくらい出て、頭が真っ白になって彼女に覆い被さりました。

二人共に水浴びをしたような汗でびっしょりでした。

「重~いよ~」と彼女が言うので「ごめん、ごめん」と謝りながら、ティッシュで彼女の膣から私の精を拭いてあげました。

彼女は「凄く気持ち良かったぁ、こんなに感じたの初めてだよ~」と初めの頃とは違う馴れ馴れしい言葉使いになっていたのです。

私はその方が嬉しかったですけど。

暫くホテルの話しをしながら乳くりあってクールダウンしました。

「お風呂に入らないでしちゃったよね、シャワー浴びようか?」と彼女。

二人で全裸のまま部屋を横切り風呂場へ行きシャワーを浴びながら風呂場でネットリとしたディープキスをすると、半勃起状態になってきた私の暴れん棒にキスをした彼女でした。

ホテルの部屋を出る時に彼女は「また可愛がってね」と。

私は断る理由も無かったので、「うん、こちらこそヨロシクね」と。

車に乗せて彼女の自宅近くで下ろすと運転席の窓に首を突っ込んでキスをして走り去りました。

その後はフロントからのメインダイニングの予約がバンバン入って来るようになり、半年後には本社社長から社長賞を頂くまでになったのです。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。