FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5-2話 秘書の芳江

芳江は暴れん棒にキスをしてそれだけでは物足りず、荒い息遣いで咥えました。

口の中で唾液塗れにさせて舌を絡ませ、ジュボジュボとディープスロートで喉の奥まで堪能していたのです。

芳江はまだ経験はそんなに多くは無いと思いましたがそれでも、一所懸命な顔がまた興奮を誘いました。

それと、シャワーを浴びてから寝たのですが、私の臭いの掛け布や暴れん棒が彼女をより一層昂らせたようです。

「良い匂いなんだもん、アッ、アァ~~ン」

芳江は「おっきいぃの大好き!こんなにおっきいオチ〇チン、初めてなの~」

彼女もあられのない声やスケベな単語を連発しています。

よだれだらけの彼女の顔を丁寧に舐めて、私のザラザラした舌は彼女の下部へ下りて行きます。

乳首を舐めた時は電気が走ったようで、身体を硬直させてガクンガクンと波打たせ「あは~ん」と声を上げました。

私の太い無骨な指は彼女の肌を摩りながら、1番敏感な部分へ差し掛かります。

クリを親指の腹で優しく圧を掛け過ぎないように触るか触らないかの微妙なタッチで愛撫しながら、他の指は入口を優しく刺激します。

彼女「こんなの初めて~、いやん、あん、あん」と呻いています。

彼女の体中からスケベな液体が分泌されているようで脳が反応したのでしょう。

「アア~~ン!もう、ダメッ、イッちゃう~!」

休む時間を与えず、私の太くて無骨な指が彼女の中心部を刺激して段々に圧を強めていました。

指の節くれを敏感な場所に当てているのです。

彼女「なになに!?なに?凄い!こんな愛撫初めてなの~、当たる、当たるの~、私の気持ち良いとこにいっぱい当たるの~シェフの事~大好き~」

(プッシューー!)とアクメに達した瞬間に彼女は思い切り潮を吹いたのです。

彼女は暫くクールダウンしていました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます






スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。