FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5-3話 秘書の芳江

その後の彼女は息を切らせながら「もう、どうなってもイイから!本当にイイの!イイから~、わたし、何でもするから、もっと気持ち良くしてぇ~!お願いだから~!」と意味の分からない事を言い出していました。

私のそそり立った暴れん棒の亀頭部分でクリを愛撫していました。

彼女「お願い!ガマン出来ないの~!入れて~!お願いですぅ!入れて下さいぃ~」

私は亀頭部分だけどゆっくりと膣口に挿し込みました。

彼女「身体が浮いてるの!う、嘘ッ!ふあーって!あああぁっ!私、どこにいるの~?」とうわ言なのか夢を見ているような言葉を発していたのです。

私の暴れん棒が彼女の膣の中で暴れ捲くっていました。

カリが彼女の一番気持ち良い所を引っ掻き、出し入れする度に得も言われぬ快感が押し寄せてきているような恍惚感漂った顔をしてその後は眉間に皺を寄せて、口を真一文字に結んで悲痛な顔をしていました。

バックの体勢になって、彼女の尻をギュ~ッと掴んで腰を振り続けていると、

彼女「さっ、裂けるぅ~~、裂けちゃうよぉーーー!」と悲鳴を上げていました。

対面座位にして乳房を揉みながら下から突き上げました。

「もう!ダメッダメッ、ダメなんだから~、死んじゃう!死んじゃうから~!」と、私に重心を預けるようにして私の背中に回した手の爪で私の背中を引っ掻くのでした。

彼女「イィィの~~、あぁ、イイ、イッちゃう~、イクイクイク、あぁ、イクゥゥゥーーー!」

私「俺もイキたいよ~!」

「イイから!イイから!わたしの中でイッて~!お願いイィィ~わたしの中で沢山イッて~!」

「イクよ~、芳江の中でイクよ~!ウゥゥゥーーー!」と搾り出すように射精し、2人で果てました。

本当に死んだのかと思うくらい、彼女は失神していました。

それから風呂場で洗いっこして、後ろからオッパイを揉み、立ちバックでガンガン突き捲くりました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。