FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

隣の席の圭子 21話 先輩との秘密の一夜 ②


私は「文恵、ベッドに寝て」と言った。

文恵は「はい」と従った。

年上だけど従順な女性だ。

社会に出ているだけあって生活もキチンとしているし自立していた。

今は元夫との離婚で貰った慰謝料があるから夜だけバイトしていて、その内に正社員で勤められたらと考えているらしい。

キスをして舌を絡めネグリジェの上から豊かな乳房を弄った。

「あん、感じるぅ、旦那と別れてからレズはしていたけど男とは付き合ってなかったから今日は我を忘れて萌えちゃった」

ネグリジェを持ち上げて形の良い両乳房を揉みながら乳首を交互に舐め吸った。

「あぁ・・・、あん、あん」と甘えた声で悶える。

乳首を舌で転がしながら軽く噛む。

「あぁ・・・、感じるぅ、あん、あん」

ショーツの上から花園を弄る。

「あ・・・、やっぱり貴方の方が感じる・・・、手で触って」

ショーツの中に手を入れクリを摩った。

「あん、感じる、あぁ、あぁ・・・・・」

ショーツを脱がし膣口の愛液の量を確かめ中指と薬指を膣に挿し込みGスポットに、指を回したりしながら刺激し続けた。

「あぁ・・・・・感じるぅ・・・・・気持ちイイ・・・・・」

「あっ、ダメッ、出ちゃう」と言った瞬間に指の動きを止めた。

潮を1~2回ほど少量吹いてシーツを濡らした。

「これ以上やると大洪水になっちゃうから止めたよ」と言って笑うと

彼女は「恥ずかしい」と言って頬を赤らめた。

彼女の横に仰向けになって寝ると「さっきは圭子たちに邪魔されたから」と言って唇を合わせ舌を絡めて「好きよ」と言った。

その後、耳、耳の裏を舐めてくれた、

くすぐったくて不覚にも「あぁ・・」と声を上げてしまった。

その後、首筋に舌を這わせ舐めた。

またしても「あぁ・・」と

その後、乳首に舌を這わせ舐め回し軽く噛んだりした。

私は「うっ」と声を上げた。

脇の下の陰毛を舌で舐め腹、陰毛の脇を通って玉袋、脚を上げてアヌスに舌を這わせ念入りに舐めた。

「文恵、あっ、感じる、気持ちイイよ」

その後、ペニスを掴んで上下に扱きながら亀頭を咥えカリ首に舌を這わせ裏筋を舌の先で舐め上げたまに軽く噛んだ。

私は「文恵、あっ、あぁ・・・、気持ちイイ」と悶えてしまった。

やはり経験豊富な文恵は圭子や春実とは一味違った。

つづく

励みになりますのでクリックをお願いします

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。