FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

13-1話 ホテルの客室清掃スタッフの千尋

今日も昼休みに千尋のアパートに行きました。

私は開口一番「中は綺麗にしてあるか?」と訊くと、

彼女は「ごめんなさい、シェフにしてもらった方が感じるから」と言いました。

仕方ないので、彼女をトイレに連れて行って、尻の穴をこちらに向けさせて150ccの浣腸を時間を空けながら3回入れてやりました。

彼女は便器に座って暫くすると、「出ちゃう・・・!」と喚いて、最初は固形物の大便をして、その後は水分の多い大便が出し、最後には黄土色の下痢をしていたのです。

彼女は腹痛を伴っているので、辛そうですが、私の方がご他聞に漏れず、物凄い臭いなので辛かったです。

ここの所、毎回ですが、あまりの臭いで私は気持ち悪くなってゲロゲロゲローー!と声を出して吐いてしまうのです。

勿論、声だけのエア嘔吐でした。

私「お前な~、もう俺は無理だから、事前に自分でやっておいてくれよ」と言いました。

浣腸は今まで数人の女性にしかしていないので、私の好みではないようです。

その後、彼女は「全部出たみたい」と言ったので、風呂に入ってシャワーの湯を掛けて尻を洗ってあげて全身も石鹸を手に擦り込んで洗ってあげました。

その後、風呂から出て互いに身体を拭いて、ベッドに寝かせて彼女の尻の下に枕を敷いて、さりげなくティッシュを敷いて、まん繰り返しの状態にして、淫部もアナルも丸見えの状態にすると、かなり恥ずかしそうにしていました。

ちゃんとローションを付けてアナル用ローターで括約筋を振動で揉むようにして、腸壁傷付けないようにゆっくり攻め、この機会にアナルの括約筋を柔らかく開発していきました。

既に指が2、3本が楽に入るまでになっていましたし、私の暴れん棒も最後には入るようになっていました。

たったこの行為だけでも1、2回連続して「イックゥゥゥーーー!」とアクメに達するのです。

「じゃ、もっと虐めてやるから」と言って持って来た布地のガムテープで縛りました。

最近は慣れてきたので、手と脚はそれぞれ手首にガムテープをそれぞれ巻いてベッドの足に括り付けて開かせ、腕だけを拘束した形です。

私はこの格好が大好きでした。

何故なら好き放題できるからです。

たまに手足をそれぞれ縛る事もあるのですが、この時は脚は自由でした。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます





スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。