FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

15-2話 秘書 芳江 隠された性癖 2


「じゃあ早速、観察させてもらうから、いいね」と言って

私は括り付けた彼女の両足の間に身体を落として、いきなり顔を近付けました。

芳江「あぁ~ん、ドキドキしちゃいそう・・・」と言いました。

「黒光したアワビがパックリ開いて俺の目の前でお汁を漏らしているよ・・・良い眺めだね・・・」私はそう言って彼女の淫部に触れたのです。

私「でもまだ、芳江は恥ずかしくはないんだろう?」こんな格好にされて、恥ずかしくない訳がないのに、私はわざと焦らしました。

クイッ、クイッと私は芳江の肉襞を開いたり閉じたりしていたのです。

「あぁ、柔らかい花びらだね、もっと良く見せてごらん」私は更に彼女の肉襞を開きました。

もう、これ以上開かないくらいにすると、

芳江「あぁ~んっ!あっ!やだぁっ~、恥ずかしいよぅ~」

「ほぅら、丸見えたよ~、美味しそうなオマンコが・・・」と言いながら私は再び顔を近付け、肉襞に舌を付けて。ペロンッ、ペロンッ、レロレロレロ、、チュッ、舌が肉襞を上下に行ったり来たりさせて、その後チュパッ、チュパッ、クチュッ、チュパッ、チュパッ、クチュッ、クチュッ と徐々にリズミカルに、そして時々、肉襞の上にあるクリの包皮を開いては舌で捉えて転がしました。

チロチロチロ・・・と。

芳江は「はあ~っん~、いや~んっ」と甘ったるい呻き声を上げながら次第にエッチな蜜が溢れてさせていたのです。

「ほら、厭らしいマン汁が流れてきたよぉ~、あぁ、最高にスケベだよ~!」私は彼女の花ビラを眺めたのです。

チロチロチロ・・・と再び私の舌が肉襞を愛撫し始めた時には、彼女の蜜は尻まで滴るほど溢れていました。

「あんっ」と彼女も「気持ちイイの~」と呻き声を連発させていたのです。

溢れた蜜が止め処もなく溢れてきて私は一所懸命舐めているが、舐めても舐めても、蜜が乾く事が無かった程でした。

その内に小陰唇ががヒクヒクし始めました。

(つづく)

いつもご協力ありがとうございます






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。