FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

18-3話 秘書の芳江が誕生日を祝ってくれると言われ

「嫌なの?でも、こうされる事を望んだのは芳江だよ?拘束されて、抵抗を奪われて、抱かれたい・・・?違うな、きっと犯されるように乱暴にされたい・・・違うかい?」

私の言葉と真っ直ぐ注ぐ視線に彼女は思わず私からの視線をそらし半ば目を伏せるように俯いてしました。

私「ほら・・・大正解だって、芳江の身体が・・・答えているよ、未だ触れてもいないのに厭らしく・・・そそり勃たせてる・・・、ココだよ」と片方の尖端を指先でペロンと転がしました。

彼女は脚を絡めて恥ずかしそうに、また目を背けました。

私「俺を誘うように、俺を挑発するように、そんなに紅く色付いて・・・、もっと触れて欲しい?虐めて欲しいのかな?」

言葉が終わらぬ内に・・・私の指先がキュッと泡立ちそそり勃ってしまっていた両胸の紅く熟した二つの突端に触れていました。

芳江「ぁあんっ・・・」と呻き、信じられないほどに甘く媚びた声が彼女の唇から漏れ出てしまい、それが恥ずかしいのか、頬が熱く火照り始めていました。

私「可愛い声だね、でも・・・もっと厭らしい声が出せるよね?もっと感じて
牝の声をあげて・・・俺に聴かせてよ」

私の指先が彼女の敏感な紅い果実を指の腹で、そっと撫で回し始めると彼女は・・・必死に唇を噛み締め声を堪えようとしてしまっていました。

私の意に添わぬ行動を取ろうとする彼女に罰を与えようとするかのように・・・、いや、彼女自らが望んだ事柄を今更恥じらう事は許さないと告げるかのように・・・、私の指先が二つの果実を摘まみ上げ・・・少し強めに押し潰したのです。

芳江「ひっ・・・っあ・・・!」突然与えた強い刺激に彼女の身体は呆気なく屈服し小さな嬌声を放しました。

私「芳江、可愛いよ」そう囁きながら、いつも以上に情熱的に、いつも以上に執拗に・・・、まるで彼女の反応を調べ尽くそうとでもするかのように果実を摘まみ弄り刺激し続けました。

(つづく)

いつもありがとうございます





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。