FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

18-8話 秘書の芳江が誕生日を祝ってくれると言われ

両手が動かせないもどかしさ、綴じ合わせることの出来ない両脚、ただそれだけの事がこれ程までに彼女の心と身体を敏感に高めていってしまっているのでした。

私「凄いね後から後から溢れ続けて舐め取りきれないよ~~、芳江はこんなに淫乱な身体の持ち主だったんだね」

芳江「あぁ・・・ん」と呻き、更に彼女の身体をより深い快楽へと染めていくことになる事を未だその時の彼女は知らぬままでした。

本当の牝の姿を知らされずにいれた・・・この頃までは。

浅瀬で遊ばせていた私の舌先が徐々に深みへと潜り始め、いつもよりもずっと時間を掛けて密着する私の唇と鼻先そして顔でした。

彼女の恥ずかしい場所を、直接舐め上げられ胎内から生み出されたばかりの新鮮な淫蜜を私の舌先で味わい尽くされてしまっているのです。

その感覚が彼女の身体を切なく燃え上がらせ蠢く私の舌の感触に異様とも思える程に反応を見せていました。

と・・・

私の鼻先がツンッと触れてはならない場所を一瞬だけ刺激したのです。

芳江は身体を強張らせて「ひあっ!」と鋭い叫び声を上げながら刺激から逃れようと、片脚だけで限界まで伸び上げました。

私「どうだい?私の執務室や寝室での指でのオナするより気持ちイイだろ?」

芳江「そんな事してないもん」

私「この間やっていたじゃん、あの事は誰にも言ってないよ」

芳江「恥ずかしい・・・」と言ったので、私は両腕でグイッと彼女の腰を抱き寄せ、更に舌先を波打たせていると、彼女はただ本能的に、反射的に腰を後ろに引きました。

芳江「いや・・・いやぁん・・・待って、待って、そこだけは、本当に待って・・・」

普段の時でさえ小さな刺激にさえ、恥ずかしい程に反応を見せてしまう場所です。

女性にとって最も罪深く最も淫らな・・・牝としての・・・小さなスイッチを入れられようとしていました。

(つづく)

いつもありがとうございます





スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。