FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

20-15話 セフレはセフレ、それ以上でもそれ以下でもない・敦子 (1986年12月26日)

クリスマスディナーが昨夜で終了しました。

クリスマスは厨房も多忙ですが、それ以上にパティシエも超多忙になります。

敦子も同様で、超多忙な毎日を過ごしたと思います。

親御さんが子供を面倒見てくれているとは言え、他の独身のスタッフよりは家とホテルの往復で大変だったと思います。

執務室に敦子から内線電話が掛かってきて、「シェフ、今晩お時間はありますか?」と。

私も極度に疲れていたのですが、「少しぐらいの時間だったら大丈夫だよ」と答えました。

ただ、男性は極度に疲れていると、したくなるのも事実です。

敦子「では、22時に〇〇線の××の駅前の喫茶店で待っていますので」と。

私は時間前に車でその喫茶店に向かいました。

これ以降の話しは21話以降のパティシエの敦子に綴ります。

(つづく)

いつもありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。