FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

20-20話 弘子との一週遅れのクリスマスディナー (1986年12月30日)

その後、彼女から私へクリスマスプレゼントを頂きました。

ポロの毛糸のセーターで、包みから取り出した瞬間に、大袈裟に喜びましたが、彼女は直ぐに「依田さんのお好みのブランドでは無かったですね、ごめんなさい」と言われたのですが、

私は直ぐに遮って「いやいや、私は好きですよ」と言って胸に合わせました。

その後も彼女は気にしていたので、「気にしないで下さい」と言いました。

お会計の際にシェフが出てきたので、私と彼女が「大変に美味しく頂きました、ありがとうございました」と言うと、「本日はどうもありがとうございました、またのお越しをお待ちしております、依田さん、その内に飲みましょう!」と言いました。

私「電話して下さい」と言いました。

お会計の際に、彼女は驚いていたので、私は「どうしました?」と訊くと、

彼女「私が予約したコース料理の金額だけなんですけど」と言ったので、私はキャッシャーの女性に「シェフに宜しくお伝え下さい」と言って、彼女に目配せすると、彼女も「シェフに宜しくお伝えください、どうもご馳走様でした、大変に美味しかったです」と言って店外に出ました。

駐車場まで歩いて行く途中に、「酔い覚まし(私はワインは最初の一口しか飲んでなかったのですが)をしませんか?」と言うと、彼女も「はい」と言ったので、友人の兄が経営しているBARに行きました。

BARに入ると友人のお兄さんはおられなかったのですが、カウンターに座って注文した後に、彼女とまた他愛の無い話しをして、その後、正月中のデ-トの約束をして、彼女を自宅に送り届け、ホテルに帰りました。

(つづく)

いつもありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。