FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

23-2話 ホテルの客室清掃スタッフの千尋(1986年12月28日)

彼女は私の股間に顔を寄せました。

ズボンの上から撫でながら「おし〇こしたの?」と訊きました。

私「うん、したよ」と答えました。

彼女「先っぽにおし〇こが残ってるのかなぁ?」と言いながら舐めたくて仕方ないといった感じでズボンとトランクスを一緒に掴みました。

彼女は我慢できない感じで「脱いで?」と甘い声で言ったので、私は「しょうがないなぁ」と半ば嬉しそうに、下げ易いようにして腰を浮かせました。

彼女の鼻先に出した肉棒はもう既に硬くなっていました。

彼女「おし〇こ付いてるかなぁ?」と言いながら、先っぽをペロリと舐めました。

彼女「おし〇この味しないからがっかり」と自分で自分の言った言葉で興奮を高めているようでした。

彼女はまた独り事を言い、「私に舐められたがって大きくなってるぺニスが愛しいよ」とパクリと亀頭を咥えました。

唾液をダラダラ垂らして、頭を上下しだすのです。

ジュブジュッブジュブジュブと音が響きます。

片手を上に伸ばして、私のTシャツの裾から差し込み、乳首に指の腹を当て、ソロソロと優しく撫でてきます。

直ぐに乳首はピンと立ち、私の息が荒くなって肉棒もカチカチになります。

人妻が私としたくて、迫って来るのが私にとっては興奮するのです。

彼女の空いた掌で、タマを包み込んで撫で擦ります。

彼女は「タマも舐めたいから」と言って、口を肉棒から外し、タマをベロンベロン舐め上げました。

肉棒は右手で握って扱いています。

唾液がたっぷりまぶされているのでヌチャヌチャしているようでそれがまた私の興奮を誘いました。

カリに指先を入れ込むようにして、滑らせ、タマを口に含み、舌でコロコロ転がしています。

流石、人妻の技術です。

「うっ、うぅぅ~」と私が切ない声をあげます。

(つづく)

いつもありがとうございます





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。