FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

24-1話 マッサ-ジ室の58才の珠江さん(1986年12月29日)

このホテルに就職してから、身体を重ねた女性には自分の口からお礼と、今後の事を告げようと思っていました。

そして今年最後になってしまいましたが、マッサ-ジ室の珠江さんを呼んでマッサ-ジしてもらいながら、話しをしようと思い、珠江さんを指名して呼びました。

珠江さんは久しぶりに私が呼んだので、驚いていました。

私はマッサ-ジをしてもらう前に、来年早々にこのホテルを退社して、二度目の正直の独立開業する話しをしました。

珠江さんは大人なので、その件は直ぐに理解して下さいました。

その後はエッチな雰囲気になって、珠江さんは先日私と交わった際に初めて中イキした事を話してくれたのです。

58歳にして初めて中イキに至った事が私に取っては驚きでした。

そして、それまでの男性と私が違った事は、
私が挿入して、自分の手が自由に動けた時に「自分でクリを触って」と私が言ったからだと言っていたのです。

あの日のセックスで私がそんな事を言った事をすっかり忘れていました。

それまでは恥ずかしくて、相手の男性の目の前で、自分でクリを触るなんてした事が無かったそうで、騎乗位になっても相手の男性が直ぐに下から突き上げてくるので、中でイッたことがなかったと言い、それがあまり気持ち良くなれなかったそうでした。

(つづく)

いつもありがとうございます





スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。