FC2ブログ
 

官能私小説ノート

25-3話 ホテルを円満退社し、二度目の独立開業に向けて準備開始

芳江「分かりました、シェフの家の電話番号を教えて下さい」

私「じゃぁ、いくよ、03-3755-××××だよ」

芳江「待って下さいよ、早くて書けないですよ、もう一度お願いします」

私「03-3755-××××だけど、書けたかな?」

芳江「はい、書きました、ところで何時頃でしたら家に帰りますか?」

私「それは分からないよ、多分、目が回るほど忙しくなると思うから、電話に出られないかもしれないけど、頑張って掛けてみて」

芳江「わざと電話に出ない事は無いですよね?」

私「それは無いよ、大丈夫だから安心して」

芳江「それではお願いします」

私「それまではちゃんと仕事しなよ」

芳江「分かってます」

その日の内に蒲田のアパ-トに戻ってきました。

(終了)

いつもありがとうございます



スポンサーサイト
[PR]

PageTop