FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弘子とのその後 1-7 社長さんの彼女の美容室

私「あれれれれ~~、もうこんなに濡れているよ。そんなに気持ちいいのかな?」

彼女「ダメよ、大人をからかったら」と言い、私の目をじっと見つめ、悩殺しました。

すると彼女は、私の胸を押して、仰向けにし、騎上位で私の上に跨り、威きり立っていた暴れん棒を見て、「大きいのね」と言って、掌を暴れん棒に添えて、彼女自身のクリに暴れん棒の竿に接触させて腰を上下に動かして、オナニーをし出したのです。

彼女「イイ、イイ、気持ちイイの~~」と言いながら巨乳をブルンブルンと揺らしながら。

その姿ったるや熟女のエロチックさそのものでした。

触っているのか触っていないのか分からないほどのくすぐったさが刺激的で、 思わず声が出てしまうほど気持ちが良く、こんなのは初めてで、彼女も段々に高まってきたのか、「ごめんなさい、イキそう、イッてもイイ?」と。

私「イッて下さい」と。

彼女の腰付きは激しくなって「イッちゃう、イッちゃう、イクイクイクイク、イックゥゥゥ・・・・」とアクメに達し、その後私の胸の上に倒れ込みました。

暫くクールダウンしていて、息を静めていました。

その後、自分だけイッた事で気まずさがあったのか、私の股の間に身を入れて、右手で暴れん棒を上下に擦ってその後、亀頭を銜えてくれ、舌先で亀頭をくすぐる様にチロチロと舐めまくってくれていました。

私は背中をベッドの衝立にもたれて、見下ろすと、「アハン、ウフン」と、厭らしい吐息を吐きながら、彼女の大きな乳房が卑猥に垂れ、私の太腿をさわさわと刺激していました。

そして銜えてくれ、唇を軽く窄め、上下させながら、暴れん棒をペロペロと舐め、愛おしそうに頬ずりしていました。

彼女の大人の色気と、テクニックに、女社長や華道の先生を思い起こし、久々に感動しました。

かなり勃起が固くなったのを見届けて、彼女は再び騎上位に。

私の物を自分で手に取り、導き、入れていく様は、社長と一緒に居た時の上品な彼女とは正反対の発情した牝獣さながらでした。

彼女「やっぱり大きなオチ〇チンは最高ね、あぁぁぁん、あん、凄い・・・」

私の暴れん棒が、トロトロに濡れた彼女の蜜壺の中にズブズブと入り込み、太い輪ゴムでキツク留められているかのような締まりで最高に気持ち良かったです。

(つづく)
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。