FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弘子とのその後 7-2 交通事故の保障

年が明けて間もなく、私は車対車の人身事故に遭遇しました。

乗っていた車は全損で相手の車も当然全損で尚且つ、相手の車に同乗していた女性は両脚複雑骨折で3年間入院をする事になったのです。

また最悪だったのは相手の車は自賠責保険も任意保険もない無保険車で、更に前日に会社を辞めた無職だったのです。

事故を起こした当日は私は直進で相手は右折でしたので、相手の運転手はずっと私に謝罪していたのですが、事故の明くる日からは豹変して、同乗者の女性の親はホニャララ団の下っ端団員だったので、毎日電話で脅されました。

これから独立開業するのに、ホニャララ団に関わらなくてはいけない事にホトホト困ってしまいました。

そこで思い出したのです、私が以前に、ホテルの料理長で務めていた会社は、表向きは地上げ専門の不動産会社でしたが、バックは広域ホニャララ団のフロ〇ト企業でしたので、当時の支配人に相談すると、以前に売上を上げて社長賞を頂いた事があったので、社長に話し(事故の経緯)を通して頂いた際に直ぐに私だと分かって頂き、社長の部下さん(ホニャララ団の方)が相手のホニャララ団の酋長に対して直ぐに動いて下さったのでした。

蛇の道は蛇です。

本来は私が被害者です。

相手の車は無保険ですから、私の保険で相手の車の同乗者の女性の医療費は全て出したのです。

そして相手の車は無保険(任意・自賠責の両方入ってなかった)だったので、私の車は全損で修理費用が300万円でしたが相手は払えないと言っていたのです。

その同乗者の女性の父親が幾らホニャララ団の団員だとしても、どう考えたって私が脅される筋合いはないじゃないですか、それこそ理不尽というものです。

社長の部下さんが話し(事故の経緯)を相手のホニャララ団の酋長に通して下さった明くる日に、相手の同乗者の女性の親御さんから丁重な言葉の謝罪の電話が有り、喫茶店でお会いする事になったのです。

その際に300万円の現金と菓子折りそして謝罪の手紙を頂き、お会いした時には始終平謝りをしていました。

お蔭で2回目の独立開業の資金になったので助かりました。

明くる日にホテルに訪問して支配人にお礼を言い、本社社長宛に手紙を書き、お礼のお品を添えて本社に送って頂きました。

その事故があり、人伝に聞いた弘子の父親が、「二人の結婚を許すから、近日中に二人で来なさい」と言われたのです。

(END)

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。