FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弘子とのその後 18-3 淑子との性活の充実

淑子は咥えながら舌で鈴口から出ていた先走り汁を舐めると、淑子の下半身は更にじんわりと潤ってきているようでした。

唾液で濡れた私の暴れん棒を、吸い上げるようにしながら口を離すと、淑子はそのまま私の上に跨り、私の腰の上辺りで仁王立ちになり私を見下ろすのが、一番淑子の下半身を疼かせているようで、その体勢のまま淑子はブラジャーとパンティを脱ぎ捨てました。

上半身を起こした私の頭を優しく抱くように、自分の胸元を近付け、「あぁんんっ」と呻き、私は淑子の柔らかい胸に丁寧に舌を這わせました。

淑子は「はぁん」とまた喘ぎ、私は乳輪の膨らみを縁取るように口付けをしていると、淑子の透き通った餅肌がピンク色に染まってきて小さな痙攣を起こし反応しました。

淑子は「あっ、あっ、あぁぁぁん」

私は淑子の小さな突起に唇を合わせ、舌を伸ばして突いたり、レロレロと転がしたり、粘っこく嫌らしく舐めたりして、敏感な先の部分の皮を唇で引ん剥き、刺激していきました。

「はあん、あんっ、はぁっん」強い電流のようなビリっとした感覚が淑子の身体の中心を一直線に通り抜けていきました。

「あっっ!」痛いくらいにジュルジュルと突起を吸い上げ、淑子は背中をピンと仰け反らせて上半身をビクビクさせました。

また下半身にじわっと熱い感覚が広がっていることでしょう。

静かに淑子の先端からプチュッと音を立てて口を離すと、次に私は淑子の少ない淫毛に顔を近づけて匂いを嗅ぐように鼻を鳴らし、優しく唇を付けました。

淑子は私の髪の毛を掴んでいる右手に力が入り、「いやん、あん、あぁん・・・」と甘い吐息を漏らしました。

淫毛の奥にある一筋の割れ目に口付けをした私はゆっくりと舌を奥に伸ばしていったのです。

「あっ」と呻いた淑子は一瞬目を大きく見開きました。

更に淑子の蜜壺をジュルジュルと音を立て舐めている私を恍惚に浸った目で見ていました。

私の分厚くて柔らかい舌が表面をなぞるように動き、たまに舌先で突いたりと自由に動かす度に私の口内からは唾液が溢れ、淑子の腰と脚はビクビクと反応しました。

淑子は狂おしい声で「あっ、もうダメッ、ダメですぅ・・・」

一番感じる部分を優しく吸い上げると、両手で私の頭を強く掴み淑子は身体を硬直させ、その後に大きくビクビクっと全身を波打つように震わせ「イイッ、イックゥゥゥ・・・・」と叫びました。

自分の力では立っていられないほど身体をくねらせた淑子は、もう殆ど私の頭に身を任せるかのような格好で痙攣する身体が落ち着くのを待ちました。

淑子は息を荒げ「はぁっはぁっはぁっはぁっ」と、今にも崩れ落ちそうなほどに感じたようでした。

(つづく)


 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。