FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弘子とのその後 18-4 淑子との性活の充実

しばらくの間淑子の荒い息が部屋に響き、私を見下ろしながら顔を撫でると、そのまま私のところにしゃがみ込むように腰を下ろしたのです。

そして淑子の蜜壺の入り口と私の先端が触れ合う時、淑子は「あっ!」と呻き、また顔を歪め、起こしていた上半身を力なくベッドに預けて大きく息を吐きました。

さらに淑子はまたゆっくりと腰を降ろし、私の暴れん棒を掴み「あっ、あぁぁぁ・・・」と言いながら奥へと沈めていきました。

私も「うっ!」と呻きながら淑子の奥へ、奥へと入っていく度に、淑子は身体を痙攣させていました。

背中に電気が走るような快感に、淑子も深い吐息を漏らし、恍惚感に浸っているかのようでした。

「あぁっ、イイ・・・」とまた呻いた淑子は、私の全てを受け入れ、蜜壺の中に私を確かめるかのようでした。

淑子は、ゆっくりと腰を上下に動かし始めました。

腰を浮かす時は私のカリが見えるまで、沈める時は暴れん棒根元の淫毛と皮膚、淑子の淫毛と皮膚が擦れ合うまで、その動きに時間をかけるほど、淑子の表情はどんどん歪ませ、それとは反対に蜜壺の汁を更に溢れさせ、下半身の上下のスピードを早めていきました。

「はぁっ、あん、あん、気持ちイイの・・・」淑子は一心不乱に私の腰へ自分の腰を打ち付けるように動いていました。

皮膚と皮膚、淫毛と淫毛がジャリッジャリッと触れ合う度にピチャピチャと厭らしい音が聞こえ、淑子は更に声を出し、私の息も荒くなっていきました。

「イキそう・・・」と言い掛けた淑子の表情は更に苦痛にも似たものに変わっていきました。

淑子は脚を更に大きく開いてM字にすると背中の方にある私の脚に手を付き、深く上下に腰を動かしたのです。

「あっ、あっ、あっ、あぁんっ、イイ、イイ、気持ちイイの・・・」淑子の腰の動きは段々と速さを増していきました。

(つづく)




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。