FC2ブログ
 

官能私小説ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

21-3話 淑子との性活

そして淑子は騎乗位も大好きでした。

私を好きにできる優越感が堪らないらしく、また自分の気持ちイイ、ポイントに当てられるのも魅力だと言い、何よりも私がイク時の顔と態度が堪らないからだそうです。

私に跨り、グチョグチョの淑子の蜜壺に私の元気な暴れん棒を入れて、まずは腰を前後に動かしていると「イイ、気持ちイイの・・・」と感じて、私に抱き付きキスをするのです。

その後は私の乳首を触りながら、淑子の腰付きはもっとエロさを増すのです。

乳房を揺らしながらグルグル円を書くように動いたり、前後に動いたり、跳ねたり・・・奥にいったり、浅くなったり、巨乳のおっぱいが更に大きく揺れて、セミロングの髪が揺れて、喘いでる淑子を見て興奮してる私を見た淑子は更に興奮しているかのようでした。

淑子のくびれた腰を持って、腰を突き上げていると、淑子は自身の片方の手をクリに当てて弄り、、もう片方の手で自分の乳房を揉みながら私の上で「イッちゃう、イッちゃう、イックゥゥゥーーー!」とアクメに昇り詰めました。

騎乗位の時の淑子の一番好きな瞬間は私の我慢の限界になりイク時の、「ダメッ、ダメ、イキそうだから、止めて!」と懇願する時だそうです。

そんな時の淑子は日頃の従順さは無く、小悪魔のように意地悪く更に腰を早く振りました。

そして、私がイク瞬間の暴れん棒の膨張が堪らなく気持ち良いそうで、私は「淑子~、イクよ、ウッウゥゥゥーーー!」と言って発射します。

(END)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。